市民による心肺蘇生法について(新型コロナ感染症)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

厚生労働省より新型コロナウイルス感染症の流行に伴い市民が実施する心肺蘇生法の指針が示されました。

1.基本的な考え方


 ○ 胸骨圧迫のみの場合を含め心肺蘇生はエアロゾル(ウイルスなどを含む微粒子が浮遊した空気)

  を発生させる可能性があるため、新型コロナウイルス感染症が流行している状況においては、

  すべての心停止傷病者に感染の疑いがあるものとして対応する。
 ○ 成人の心停止に対しては、人工呼吸を行わずに胸骨圧迫とAED による電気ショックを実施する。
 ○ 子どもの心停止に対しては、講習を受けて人工呼吸の技術を身につけていて、人工呼吸を行う

  意思がある場合には、人工呼吸も実施する。
 ※子どもの心停止は、窒息や溺水など呼吸障害を原因とすることが多く、人工呼吸の必要性が比較的

  高い。

 2. 心肺蘇生のやり方

 ① 倒れている人の周りの安全を確認する

 ② 反応や意識を確認する

Point倒れている人に呼びかけたり、意識の観察をする際は、相手の顔と自分の顔が近づきすぎないようにしましょう。

 ③ 他の人(応援)を呼ぶ・救急車(119番)を呼ぶ・AEDを持ってきてもらう

 ④ 呼吸を確認する

Point倒れている人の胸やお腹の動きを見て、普段通りの呼吸をしているかの確認をするときも、顔が近づかないようにしましょう。

 ⑤ 胸骨圧迫(心臓マッサージ)

Pointウイルスの混ざった空気(エアロゾル)が周りに広がるのを防ぐために、胸骨圧迫を始める前にハンカチやタオルなどを使って倒れている人の口と鼻にかぶせましょう。 マスクや衣類でも代用できます。              

 ⑥ AEDと胸骨圧迫の繰り返し

 ⑦ 救急隊の到着

Point救急隊に引き継いだ後は、すぐに石けんと流水で手と顔を十分に洗いましょう。倒れている人の口と鼻にかぶせていたタオルやハンカチは直接触れないように、ビニール袋などに入れて捨てましょう。

 詳しくは厚生労働省のホームページからご確認ください。こちら