日本脳炎ワクチンの供給不足について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

日本脳炎ワクチンの定期接種に係る対応について

 日本脳炎の定期予防接種は、阪大微生物病研究会の「ジェービックV」及びKMバイオロジクス株式会社の「エンセバック皮下注用」が使用されております。
 この度、「ジェービックV」について、製造上の問題が生じたことから製造を一時停止したことにより、供給量に影響が生じ出荷量の調整が行われることとなりました。
 そのため、令和3年度に3歳のお誕生日を迎え、1、2回目の接種が完了していないお子さんの接種を優先しています。接種期間に余裕のあるかたは、供給が安定するとされている令和4年4月以降の接種をお願いします。
 また、接種を見送ることにより接種期間を過ぎてしまうかたについては、令和4年度に救済措置を設ける予定です。

優先接種の対象者

 ■3歳のお子さんの1回目、2回目の接種

  (2021年(令和3年)4月~2022年(令和4年)3月に3歳のお誕生日を迎えるお子さん)

 ■定期接種対象者で1度も接種したことのない上記以外のかた

 

以下のかたで、対象期間中に接種できなかったかたについては、今後救済措置を設ける予定です。

(詳細については後日お知らせします。)

 ■7歳半が近づいているかたで、3回の接種が終わっていないかた

 ■12歳のかたで、4回の接種が終わっていないかた

 ■19歳のかたで、4回の接種が終わっていないかた(平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれ)