大銀杏

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 大銀杏(おおいちょう)

 三郷市彦糸に位置する安養院は、 山号(さんごう)を甘露山(かんろざん)と号する真言宗のお寺です。
 安養院にある大銀杏の樹齢は約600年と言われています。
 銀杏の実は、昔から厄除けの実とされていました。正月元日から三日間、近くに住む人々が境内に集まり家族の数だけ実を持ち帰り、これを食してその年の無事を祈願したといわれています。


山号とは

 寺院名の上につける称号のことです。
 かつては、多くの寺が山に建立され、所在地を表すために山の名前をつけたのが始まりです。

 

   大銀杏    大銀杏

樹高:約10 m (文化財指定時の樹高は28m) 枝張:四方に5m 根回り:約6.5m 目通り:約4.6m
                                          銀杏の実

                                              銀杏の実

 [住所]

 安養院境内 (彦糸1-10)

 [文化財指定日]

  昭和50年(1975年)2月19日 三郷市指定文化財(記念物)指定 安養院境内 (彦糸1-10)

 

銀杏を配布する袋

袋

 

大銀杏を紹介する広報記事(クリックすると拡大して見れます)

 昭和50年(1975年)4月 広報みさと 10面より抜粋

広報記事

 

大銀杏と「#埼玉巨樹番付」 (クリックすると拡大して見れます)

 令和2年(2020年)、埼玉県教育委員会では、県内にある巨樹の写真をSNSアプリで投稿・投票するSNS参加型企画を実施しました。
 対象巨樹として、安養院の大銀杏が選ばれ、112票獲得し、相撲の番付表にならい作成された「#埼玉巨樹番付」の「西 前頭(まえがしら)」になりました。
〇写真投稿期間:令和2年8月1日~9月30日
〇投票期間:令和2年8月1日~10月7日

巨樹番付

 

 

埼玉巨樹番付についてはこちら(埼玉県教育委員会文化資源課HP)