虚空蔵さまとうなぎ

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 虚空蔵さまとうなぎ

 宇宙のような無限の知恵と慈悲が収まっている貯蔵庫(虚空蔵)から、人々の願いを叶えるために知恵や記憶力、知識を与えてくれる仏である「虚空蔵(こくぞう)さま」は、「木造虚空蔵菩薩立像(もくぞうこくぞうぼさつりゅうぞう)」といい、三郷市指定文化財(有形民俗)となっています。
 文明18年(1486年)に古刀禰川(ふるとねがわ)(現中川)で発見され、祀(まつ)り始められました。
 虚空蔵さまを祀る地域には、「うなぎは虚空蔵さまの使者や化身である」という言い伝えから、うなぎを食べないという伝承が残っており、これらの地域には、洪水や水害が多いという共通点があります。
 延命院のある彦倉地域でも、「古刀禰川が増水し、堤防が決壊したことにより、軒下まで浸水した。水に流された人々は、丸太につかまり、濁流に流されずに浮いていたがそれはよく見ればうなぎであった。うなぎが多くの人を救い、その恩返しにうなぎを一切口にしないと誓った」という民話が残っています。
 このようにうなぎとの関わりが深いことから、虚空蔵さまを祀る延命院にはうなぎ供養塔が建立されています。また、うなぎに敬意を表すために供養会が開催されているほか、うなぎの絵馬やうなぎ掻き棒が奉納されています。

 

  虚空蔵さま 厨子 うなぎ供養塔

      虚空蔵さま    虚空蔵さまを安置している 厨子(ずし)   うなぎ供養塔

 

厨子とは

 仏像や経巻を安置する仏具のこと

 

[住所]

 延命院 (彦倉1-83-1)

[文化財指定日]

 平成25年(2013)3月14日 三郷市指定文化財(有形民俗)指定

 

三郷の民話集

 三郷市教育員会から発行された『三郷の民話集-日本一の読書のまち-』には、市民サークル手作り絵本ハモニカが再話・作成した市内の民話8編が収録されています。
 この民話集には、虚空蔵さまにまつわる民話「こくぞうさま」「こくぞうさまとうなぎ」「さくぞうとうなぎ」が掲載されています。

虚空蔵さまにまつわる民話集

 『三郷の民話集-日本一の読書のまち-』は、日本一の読書のまち推進課にて販売中です。三郷市電子図書館でもご覧になれます。

 お問い合わせはこちら

 三郷市電子図書館はこちら

   

 

 民話集

虚空蔵さまにまつわる絵本

 

 三郷の民話は“三郷のいいとこ”カルタでも読まれています。

たの札

 

うなぎ掻き棒(クリックすると拡大して見れます)

 うなぎ漁に用いられる道具です。
 竹竿の先に鉄を薄く延ばした刃をつけ、水の中にさしこみ、船の縁を使い、てこの要領で川底にいるうなぎを掻き出します。

             

 

虚空蔵堂

 虚空蔵さまが安置されている延命院虚空蔵堂(えんめいいんこくぞうどう)は虚空蔵さまと並び三郷市指定文化財です。
 虚空蔵堂は、江戸時代中期の細分意匠を有する寺院建築であり、『新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)』には、延享(えんきょう)2年(1745年)に建立されたと記されています。

       虚空蔵堂

 

[文化財指定日]

 平成25年(2013年)8月22日 三郷市指定文化財(建造物)指定