新型コロナワクチン接種に係る予防接種後健康被害救済制度

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

予防接種後健康被害救済制度について

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

給付制度の流れ

ワクチン制度の流れ

  1. 健康被害を受けたかたは、給付の種類に応じて必要な書類を揃えて三郷市に提出してください。
  2. 請求書の受理後、三郷市で予防接種健康被害調査委員会において医学的な見地から該当事例について調査を行い、埼玉県を通じて国へ進達をします。
    (アナフィラキシー等の即時型アレルギーの場合で、様式5-1-1を用いる場合には、予防接種健康被害調査委員会による調査を省略することができます。)
  3. 国は、疾病・障害認定審査会に諮問し、答申を受け、埼玉県へ健康被害救済の認定・否認の通知を行います。
  4. 埼玉県は三郷市へ認定・否認の通知を行います。その後、三郷市から申請者へ、健康被害救済の支給・不支給決定の通知を行います。

給付の種類・必要な書類・様式・給付額

その他、現在の救済制度の内容については、こちら(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)をご覧ください。
現在の給付額や各給付の「請求書」等は、厚生労働省ホームページより入手いただけます。 

注意事項

  • 申請先は、予防接種を受けた市町村にかかわらず、健康被害を受けたかたが接種時に住民登録している市町村になります。
  • 後日、追加資料を提出していただく場合があります。
  • 提出書類は発行に費用が生じるものもあります。(費用は請求者の負担となります。)
  • 通常、国が申請を受理してから、疾病・障害認定審査会における審議結果を県知事に通知するまで、1年以上の期間を要する場合もあります。


※申請を検討されているかたは、事前に下記の連絡先までご相談ください。

三郷市新型コロナウイルスワクチン接種対策室

℡048-930-7719