財政健全化計画

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

公的資金の補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画等について

 ※平成19年度~平成23年度の計画です。

1 概要

国の地方財政対策として、平成19年度から3年間で5兆円規模の公的資金(旧資金運用部資金・旧簡易生命保険資金・公営企業金融公庫資金)の補償金免除繰上償還を行い、高金利の地方債の公債費負担が軽減されることとなりました。この補償金が免除される繰上償還は、財政健全化計画または公営企業経営健全化計画を策定し、行政改革・経営改革を行う地方公共団体が対象とされています。
そのため本市においても、この計画を策定して繰上償還の対象となる公的資金から借り入れている高金利の地方債を償還することにより公債費負担の軽減を図るものです。

 

2 繰上償還の対象となる地方債

繰上償還の対象となるのは、公的資金から借り入れている年利5%以上の地方債ですが、地方公共団体が繰上償還できる地方債は、利率毎にその条件が定められています。
本市の普通会計債については、公債費による財政負担の程度を示す財政指標である実質公債費比率が15%以上の団体(本市15.5%)が対象となる年利6%以上の地方債を繰上償還します。
公営企業債については、元利償還金負担水準を示す指標である資本費を基準としています。その基準から上水道事業は、年利7%以上の地方債を繰上償還し、公共下水道事業は、年利5%以上の地方債のすべてを繰上償還することとなります。

 

3 繰上償還の時期

繰上償還は、旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、公営企業金融公庫資金のそれぞれの定期償還日に実施することになります。
 なお、その財源として民間等資金による借換債を借り入れできるものとなっています。

○財政健全化計画等

一 般 会 計 三郷市財政健全化計画
上水道事業特別会計 三郷市水道事業経営健全化計画
公共下水道事業特別会計 三郷市公共下水道事業経営健全化計画

○執行状況
  ・平成23年度決算
  ・平成22年度決算 
 ・平成21年度決算 
 ・平成20年度決算
  ・平成19年度決算(普通会計)