こども医療費

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

お子さんが病気などでお医者さんにかかったとき、市が医療費を支給する制度です。
医療費の支給を受けるには、受給資格者の登録申請が必要です。

【対象】
     市内に住所を有する中学校修了前(15歳に達した日以後の最初の3月31日)までのお子さん

【受給資格者の登録申請に必要なもの】

   お子さんの健康保険証

   ・ 受給者名義の金融機関の口座

 ※児童が生まれた方…出生日の翌日から15日以内に申請してください。
  転入された方…転出された市区町村の転出予定日の翌日から15日以内に申請してください。

 ダウンロード こども医療費受給資格者登録申請書

【受給資格者の登録申請窓口】

 

 ・子ども支援課
 ・ 市役所 市民課

 ・ みさと団地出張所





ダウンロード  医療費支給申請書
◎医療費支給申請は、5年で時効を迎えますので、早めに提出してください。

【支給方法】 

<市内の医療機関をこども医療費受給資格証を提示し受診、且つ医療費が月21,000円未満の場合>

保険適用の医療費は、医療機関窓口で支払わずに診療を受けられます。


<こども医療費受給資格証を提示しないか市外の医療機関を受診、または医療費が月21,000円以上の場合>

  医療機関窓口で医療費を支払います。その後、こども医療費支給申請書に領収書を添付のうえ市役    
 所に提出しますと、後日、登録されている口座に振込みます。



【入院などした時】 

 健康保険には、高額療養費や附加給付金など、医療費の払戻しの制度があります。入院などで支払いが高額(自己負担限度額以上)になった場合や、家族の中で同じ月に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払ったとき、これらに該当する場合があります。
 この場合、こども医療費の申請と別に、加入している健康保険組合等に手続きが必要な場合もありますので、お勤め先の健康保険組合等に確認をしてください。
 健康保険組合等から高額療養費や附加給付金が支給される場合は、こども医療費の申請は、その額が確定した後で行ってください。また、その際は、病院の窓口で支払った医療費の領収書の写し、健康保険組合等からの明細書(支給決定通知書)を、ご持参ください。
※入院からこども医療費の振込までは時間がかかりますのでご了承願います。

高額療養費の自己負担限度額につきましては、健康保険組合等にご確認してください。


こども医療費の現物給付医療機関用様式ダウンロード用

●市内の医療機関(接骨院・整骨院他)の方へ
 こども医療費の現物給付(窓口支払廃止)分を請求する場合の「医療費請求書」の様式です。
(医療機関専用の様式です。一般の方は使用できません)

○こども医療費請求書(医療機関等専用) 〈Excel・記入例〉




こども医療費についてのお問い合わせは 

担当課

連絡先

子ども支援課

  給付係

048-930-7781(直通)