三郷市地球温暖化対策実行計画

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

地球温暖化対策について

 地球温暖化問題は人類の生存基盤にかかわるもっとも重要な問題です。地球温暖化の進行に伴い、人類の生活環境や生物の生息環境に広範で深刻な影響が生じる恐れがあります。平成17年2月に京都議定書が発効されたことを受けて、三郷市でも、一事業者として市の事務及び事業に関して三郷市地球温暖化対策実行計画(第1次計画:平成19年度から平成23年度の5年間 / 第2次計画:平成24年度から平成28年度の5年間)に基づき、率先して地球温暖化対策に取り組んでまいりました。
 このたび、COP21パリ協定を受け、政府実行計画を参考に、第3次計画を以下のとおり策定いたしました。

第3次三郷市地球温暖化対策実行計画について
  
■計画の概要

計画期間

平成29年(2017)年度から平成32(2020)年度までの4年間
※第3次計画における基準年度は平成25年度

計画の対象範囲

市が実施するすべての事務及び事業
※出先機関を含めたすべての市の施設

対象となる
温室効果ガス

二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン

削減目標

温室効果ガス年間排出量を、平成32年度までに平成25年度を基準として10%を削減する。

計画の目標


○法律に基づき、地球温暖化対策を推進します。
 地球温暖化対策推進法、省エネルギー法、グリーン購入法
 に関する事項を本計画において取り組みます。

○職員一人ひとりの着実な環境配慮行動を促します。

○他事業者の模範となるグリーンオフィスを目指します。


>>>第3次三郷市地球温暖化対策実行計画(PDF)<<<

>>>第3次三郷市地球温暖化対策実行計画 概要版(PDF)<<<