市の健康診査・検診

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 

 市の健康診査とがん検診について
   より長く健康に生活するためには、生活習慣病やがんの早期発見が予防のカギです。健康診査を受診し、健康管理にお役立てください。なお、現在がんについて医療機関を受診しているかたは、かかりつけ医への受診を優先し、市のがん検診の受診はお控えください。

がん検診を受ける前に知っておいてほしいこと

   がん検診の対象は健康なかたです。自覚症状がある場合は、検診を待たずに早めに医療機関を受診してください。がん検診を受診される前に、検診のもたらす下記のメリットとデメリットについて、ご理解の上、ご検討いただくようお願いいたします。

メリット

デメリット

・早期発見、早期治療による救命の効果があります。
・がん以外の病気も見つけることができ、治療につなげられます。
・安心して生活を続けられます。
・がん検診でがんが100%見つかるわけではありません。 検診は、病気の可能性の有無を調べるスクリーニング(ふるい分け)です。
・検査に伴い偶発症(医療行為に伴って予期せず起こる合併症)の可能性があります。ただ、極めて低い可能性です。
・「要精密検査」の結果でも、がんではないことがあります。
がん検診は、低い確率で起こるデメリットよりも、がんで亡くなることを防ぐメリットが大きいことが証明されています。もし、「要精密検査」の結果となった場合には、必ず医療機関を受診し、精密検査を受けましょう。