市の健康診査・検診

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 平成20年4月から、年々増え続ける生活習慣病を効率的に予防するために、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、各医療保険者が40歳~75歳未満の加入者に対して実施する特定健康診査等制度が始まりました。これに伴い、三郷市が実施する特定健康診査は、三郷市国民健康保険に加入しているかたのみが対象となります。
 その他の健康診査、がん検診等につきましては、年齢や加入の健康保険の種類により、受診できる健康診査・検診項目が異なりますので、下記の年齢別申込方法にて受診できる健康診査・検診の種類をご確認ください。

平成29年度からのがん検診変更のお知らせ

① 胃がん検診の受診が50歳以上、2年に1度へ

  胃部エックス線検査(場合により内視鏡検査)が、厚生労働省のがん検診の指針の改正に伴い変更になります。
  【平成29年度の受診は、50歳以上で、平成28年度胃がん検診未受診のかたが対象です。

② 「ピロリ菌検診」が新たに始まります!

  40歳から69歳のかたは、ピロリ菌検診が受診できます(生涯1回のみ)。
  ピロリ菌検診は、血液検査で、胃がんの要因と言われているピロリ菌の有無と胃のペプシノゲンの量を調べます。
  胃粘膜の健康度をチェックし、将来胃がんになるリスクを判定する検査です。
  平成29年度から、40歳~69歳のかたを対象に、生涯に1度だけ受診することができます。
  高齢になるとがんのリスクが高まるため70歳以上のかたは2年に1度の胃部エックス線検査(または内視鏡検査)
  を受診してください。

※①と②は同年度内に併用して実施することはできません。

③ 前立腺がん検診が始まります

  60歳・65歳の男性を対象にPSA(血液検査)を行います。



年齢別申し込み方法