119番の正しいかけ方

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

「119番」は、火事・救助・救急など緊急のときに掛けてください。
最初に「火事」「救助」「救急」の種別を、引き続き住所・氏名・目標物・電話番号・状況等を落ち着いて、ハッキリと係員に伝えてください。火元からの火災通報の場合は、自分の身の安全を確保し、火や煙に巻かれて逃げ遅れることがないように充分注意してください。


携帯電話からの「119番」通報について

平成18年4月からは、市内から携帯電話で119番通報すると、直接、三郷市消防本部に掛かるようになります。 ただし、都県境や市町村境で電話を掛けると、中継するアンテナの位置の関係で三郷市消防本部以外につながる場合もあります。その場合は、管轄する消防本部へ転送されますので係員の指示に従ってください。 次のことに注意してください。
  1. 通報場所(発生場所)が「三郷市」であることをハッキリと伝えてください。
  2. 次に、前掲「119番通報の正しい掛け方」の要領で通報してください。
  3. 通報している場所が不明であったり電波の状態が不良のときは、近くの公衆電話又は一般電話から掛け直してください。