第2期拡張事業期

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
第2期拡張事業期













































年 代 (昭和46年~昭和51年)







































昭和46年 3月 急激な人口増加に水需要は増大し、これに対処すべく三







郷町水道事業経営変更(第2期拡張事業)厚生省認可

































・計画給水人口



100,000万人



































・計画1日最大給水量


38,000㎥




































・工事費





1,315,000千円





























昭和46年 4月 三郷町第2期拡張事業起工



































昭和47年 4月 水道課を三郷町水道事務所と改称

































昭和47年 5月 市制施行により三郷市水道事務所となる
































昭和47年 6月 水道事務所が中央浄水場から北部浄水場へ移転





























昭和47年 7月 北部浄水場の通水開始





































昭和48年 4月 工事費 1,746,000千円に変更







































分担金改定














































国鉄武蔵野線が開通











































みさと団地入居開始






































昭和49年 6月 県水(庄和浄水場)の受水を開始


































昭和50年 4月 水道料金改定(料金体系変更、逓増料金制導入)



































分担金改定








































昭和51年 3月 三郷町第2期拡張事業竣工



































昭和51年 4月 口径別分担金に変更





































昭和51年 5月 三郷市水道事務所を三郷市水道部へ改称