第3期拡張事業期

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
第3期拡張事業期















































年 代 (昭和53年~昭和61年)









































昭和53年 3月 水需要の増大に伴う施設の拡充を図るため、三郷市水道







事業経営変更(第3期拡張事業)厚生省認可






































・計画給水人口



131,000人





































・計画1日最大給水量


55,000㎥






































・工事費





1,350,000千円































昭和53年 4月 三郷市第3期拡張事業起工











































水道料金改定(改定率平均35.5%)








































分担金改定










































昭和55年 6月 北部浄水場第一PC配水池完成




































昭和55年 8月 早稲田団地入居開始







































昭和56年 3月 工事費 2,000,000千円に変更



































昭和56年 4月 水道料金改定
















































メータ器使用料廃止








































昭和57年 6月 中央浄水場機械操作を北部浄水場からの遠隔操作へ切替




























昭和58年 3月 中央浄水場滅菌薬品を液体塩素から次亜塩素酸ナトリウム







へ変更












































昭和58年 4月 下水道使用料と水道料金の併合徴収開始

































昭和58年11月 北部浄水場滅菌薬品を液体塩素から次亜塩素酸ナトリウム







へ変更












































昭和60年 3月 北部浄水場事務所兼倉庫完成




































昭和60年 7月 北部浄水場第二PC配水池完成




































昭和61年 3月 三郷市第3期拡張事業竣工