後期高齢者医療保険料の算定

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

後期高齢者医療保険料の算定について

後期高齢者医療保険料は、被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額からなり、被保険者一人ひとりに課されます。
埼玉県後期高齢者医療広域連合で、前年中の所得をもとに、その年度(4月1日から翌年3月31日まで)の保険料額を算定します。年度の途中で資格の発生や喪失があった場合は、月割で算定します。

年度の途中で、世帯主のかたが国民健康保険から後期高齢者医療に変更となった場合、同じ世帯に国民健康保険の被保険者のかたがいらっしゃると、国民健康保険税の納期限と後期高齢者医療保険料の納期限が重複することはありますが、被保険者のかたの保険料を算定する月が重複することはありません。

【 例 】
 夫と妻の2人世帯で、2人とも国民健康保険に加入していたが、夫が9月11日に75歳となったことにより、夫は9月10日で国民健康保険を脱退・9月11日から後期高齢者医療に加入となった場合

(1) 国民健康保険税については

 夫:年間保険税額(12か月分)÷12×5ヶ月分(4月から8月分)
  +
 妻:年間保険税額(12か月分)

で計算した金額を、7月から翌年2月までの8回で均等に割って納付します。
そのため、夫が国民健康保険を脱退した9月以降についても、引き続き、8月までと同額を翌年2月まで納付する必要があります。

(2) 後期高齢者医療保険料については

 夫:年間保険料額(12か月分)÷12×7か月分(9月から翌年3月分)

で計算した金額を、10月から翌年2月までの5回で均等に割って納付します。

したがって、国民健康保険と後期高齢者医療とで、夫の保険料を算定する月は重複していませんが、10月から翌年2月までは、9月までと同額の(1)国民健康保険税と、新たに(2)後期高齢者医療保険料との両方をそれぞれ納付することになります。


保険料額(年額) ※上限57万円 =
 均等割額 + 所得割額(★賦課のもととなる所得金額×所得割率)
 ★賦課のもととなる所得金額…前年の総所得金額等-基礎控除額(33万円)


各年度の均等割額及び所得割率は、以下のとおりです。
 ※2年ごとに見直されます。


平成28・29年度 

平成26・27年度

平成24・25年度

平成22・23年度

平成20・21年度

均等割額

 42,070円

42,440円

41,860円

40,300円

42,530円

所得割率

8.34%

8.29%

8.25%

7.75%

7.96%



■保険料の軽減

所得の少ないかたに対する軽減

(1)次の基準に該当する世帯の被保険者のかたは、所得に応じて、以下のとおり均等割額が軽減されます。

均等割額
軽減割合

同一世帯内の被保険者及び世帯主の
総所得金額等の合計額

軽減後の
均等割額

9割

8.5割軽減の対象となる世帯のうち、同一世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(他の各種所得なし)の世帯

4,200円/年

8.5割

【33万円】以下の世帯

6,310円/年

5割

【33万円+27万円×世帯の被保険者数】以下の世帯

21,030円/年

2割

【33万円+49万円×世帯の被保険者数】以下の世帯

33,650円/年


※「総所得金額等」とは、収入から当該収入の種類に応じた一定の金額を控除した金額です。なお、均等割額の軽減の判定には、専従者控除や譲渡所得の特別控除は適用されません。
※上記の「33万円」は、基礎控除額です。これらの数字は、税制改正等で変わることがあります。
※65歳以上のかたの公的年金所得については、公的年金収入額から公的年金控除額を差し引き、さらに15万円(高齢者特別控除)を差し引いた額を軽減判定の所得とします。

(2)賦課のもととなる所得金額が58万円以下のかたは、その所得割額が2割軽減されます。

被用者保険の被扶養者であったかたに対する軽減

後期高齢者医療制度の被保険者資格を取得した日の前日において、被用者保険の被扶養者であったかたは、所得割額がかからず、均等割額が7割軽減されます。

※被用者保険とは、協会けんぽ(旧「政府管掌健康保険」)・健康保険組合・共済組合・船員保険のことです。
※市町村国保・国保組合は対象外です。