国民年金の手続きが必要なとき

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

国民年金の手続きが必要なとき

 
 国民年金は、日本に住んでいる20歳から60歳までのすべての方が加入する制度です。

 加入者は、就業形態などによって、3種類に分かれています。20歳になったとき、就職や退職、結婚・離婚などで加入の種類が変わったときには、必ず手続きが必要です。手続きを忘れると、老齢基礎年金の額が減ったり、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できない場合があります。

こんなときは手続きを

20歳になったとき

会社などに就職したとき

会社などを退職したとき

厚生年金などに加入している夫(妻)の扶養になったとき

配偶者の扶養からはずれたとき、配偶者が65歳になったとき

氏名が変わったとき

住所が変わったとき

外国人の方が三郷市に住民登録をしたとき

60歳を過ぎてから国民年金に任意加入するとき

※代理の方が手続きするときは届出に必要な書類のほかに次のものをお持ちください。

・同居の親族の方
  代理の方のご本人確認できる健康保険証や運転免許証
・第三者の方
  委任状、代理の方のご本人確認できる健康保険証や運転免許証

20歳になったとき

 20歳になると、国民年金の加入届が必要です。(厚生年金・共済組合加入者及び、それらの被扶養配偶者は除く) 20歳の誕生月の前月末から誕生月の初旬にかけて「国民年金のご案内(資格取得届)」が年金事務所から送付されますので、誕生月(1日生まれの方は前月)中に加入届を提出してください。

加入手続きが遅れ、保険料の未納が続くと、老齢基礎年金の受給額が減ったり、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できないことがあります。経済的な理由で保険料の支払いがむずかしいという方は、学生納付特例、納付猶予または申請免除の相談をしてください。


国民年金保険料の支払い・学生納付特例・免除申請のページへ

 手続きに必要なもの
  •  国民年金のご案内(資格取得届)
  •  認印(本人が手続きするときは不要)
  •  すでに「年金手帳」をお持ちの方は年金手帳

     

    手続き場所

  • 市役所1階国保年金課年金係又は、みさと団地出張所

    なお、国民年金についての窓口業務は、平日8:30~17:15までとなっております。 

     

    会社などに就職したとき

     厚生年金や共済組合に加入したときは、「年金手帳」を勤務先に提出してください。勤務先を通じて厚生年金等の加入手続きをします。就職して厚生年金等に加入した方は、1号被保険者の資格喪失が自動的にされますので、届出は不要です。 
     国民健康保険に加入していた方は国民健康保険をやめる手続きが必要です。手続きをしないと、二重に加入したままになります。 

     

    会社などを退職したとき

     20歳以上60歳未満の方が退職して厚生年金・共済組合をやめたときは、退職日の翌日から第1号被保険者になりますので国民年金加入手続きが必要です。扶養している配偶者がいるときは、配偶者も第1号被保険者になります。配偶者も種別変更の手続きが必要です。

     なお、退職した同じ月の内に第2号被保険者(会社員や公務員など)の配偶者の扶養に入るときは、国民年金の加入手続きをする必要はありません(配偶者の勤務先で、第3号被保険者になる手続きをしてください)。

     

    手続きに必要なもの

  • 年金手帳(年金手帳が無い場合は健康保険などご本人確認できる書類)
  • 離職票・退職証明など退職年月日がわかるもの
  • 認印(本人が手続きするときは不要) 

     

    手続き場所 

  • 市役所1階国保年金課年金係又は、みさと団地出張所

    なお、国民年金についての窓口業務は、平日8:30~17:15までとなっております。

     

    厚生年金などに加入している夫(妻)の扶養になったとき

     結婚や退職などで、20歳以上60歳未満の方が、第2号被保険者(会社員や公務員など)の扶養に入ったときは、第3号被保険者になります。配偶者の勤務先に年金手帳を出して手続きをしてください。市役所では、お取り扱いできません。
     ※注 平成14年度から第3号被保険者関係届は、配偶者の勤務する事業所の事業主を経由して年金事務所に届け出る方法に変わりました。

     

    配偶者の扶養から外れたとき、配偶者が65歳になったとき

     配偶者の扶養からはずれたときは第3号被保険者でなくなります。20歳から60歳未満の方は、 第1号被保険者になりますので手続きが必要です。 就職して、厚生年金や共済年金に加入した方は必要ありません。
     
    ※扶養からはずれるときは、つぎのようなときです。

  • 厚生年金や共済年金に加入したとき
  • 収入が増えたとき
  • 離婚したとき
  • 配偶者が退職したとき、亡くなったとき
  • 配偶者が65歳になり2号被保険者でなくなったとき

     

    手続きに必要なもの

  • 年金手帳(年金手帳が無い場合は健康保険などご本人確認できる書類)
  • 扶養からはずれた日のわかる証明書
  • 離婚日のわかる戸籍などの証明書
  • 認印(本人が手続きするときは不要)

     

    手続き場所

  • 市役所1階国保年金課年金係又は、みさと団地出張所

    なお、国民年金についての窓口業務は、平日8:30~17:15までとなっております。

     

    氏名が変わったとき

     第1号被保険者の方が、結婚、離婚、養子縁組などで、氏名が変わったときは、戸籍の届出により市役所から日本年金機構に報告いたしますので国民年金の届出は不要です。第2号被保険者(厚生年金・共済組合)、第3号被保険者(第2号被保険者の配偶者)の方は、本人または配偶者の勤務先で手続きをしてください。

     

    届出が必要なとき
    帰化など日本国籍を取得した方は、氏名変更の手続きが必要になりますので、国民年金係の窓口においでください。

    手続きに必要なもの

  • 年金手帳(年金手帳が無い場合は健康保険などご本人確認できる書類)
  • 認印(本人が手続きするときは不要) 

     

    手続き場所

  • 市役所1階国保年金課年金係又は、みさと団地出張所

    なお、国民年金についての窓口業務は、平日8:30~17:15までとなっております。

     

    住所が変わったとき

    ■市外から転入した方・市内で転居した方
     第1号被保険者の方が、市外から転入したとき、市内で転居したときは市民課または、みさと団地出張所で住民異動届をしてください。市役所から日本年金機構に報告いたしますので、国民年金の届出は不要です。
     

    届出が必要なとき

  • 国民年金が未加入のままになっている場合は、資格取得届と併せて住所変更の手続きが必要になります。

     

    手続きに必要なもの

  • 年金手帳(年金手帳が無い場合は健康保険などご本人確認できる書類)
  • 認印(本人が手続きするときは不要)

     

    手続き場所 

  • 市役所1階国保年金課年金係又は、みさと団地出張所

    なお、国民年金についての窓口業務は、平日8:30~17:15までとなっております。

     

    ■国外に住むとき

     国外に居住することになった日本国籍を有する20歳以上65歳未満の第1号被保険者の方は、出国する日の翌日をもって国民年金を喪失します。

    承認されていた保険料の免除や猶予、学生納付特例も出国(予定)日以降の期間については取り消しになります。
     すでに保険料を前納されているときは、出国(予定)日の翌日以降の保険料は原則として還付されます。保険料の還付については、越谷年金事務所へお問い合わせください。

    ■海外居住中の任意加入

     出国後も加入を希望する方は、国民年金に任意加入することができます。加入手続きは転出後でもできますが、手続きをした日からの加入になります。加入後はいつでもやめることができます。

    ※帰国したときは帰国後の市区町村役場で、任意加入から強制加入への切り替えの手続きが必要になります。
    国外居住中に任意加入していない場合、国民年金は未加入になりますが、受給資格期間の合算対象期間に含まれます。なお、未加入期間の海外での病気やケガが原因の障害は、障害基礎年金の対象になりません。
    厚生年金に加入している会社を退職して海外に行く方は、国民年金に加入手続きした後に、任意加入の手続きをしてください。
    外国人登録をしている方が海外に居住するときは、任意加入はできません。(一部を除く)

    1.日本国内に協力者(親族)がいるとき
     国内の最終住民登録地の市区町村役場で手続きします。
     三郷市が最終住民登録地の場合は、国保年金課年金係にお問い合わせのうえ、国保年金課年金係又は、みさと団地出張所で手続きをしてください。

    手続きに必要なもの  

  • 年金手帳(年金手帳が無い場合は健康保険などご本人確認できる書類)
  • 認印(本人が手続きするときは不要)


    手続き場所

  • 市役所1階国保年金課年金係又は、みさと団地出張所

    なお、国民年金についての窓口業務は、平日8:30~17:15までとなっております。

     

    2.日本国内に協力者(親族)がいないとき
     最終住民登録地の年金事務所にお問い合わせのうえ、手続きをしてください。
     三郷市が最終住民登録地の場合は越谷年金事務所での手続きとなります。

     

    外国人の方が三郷市に住民登録をしたとき

    ■住民登録をしたとき
     住民登録をしている20歳以上60歳未満の在留資格のある方は、厚生年金や共済年金に加入している場合以外、国民年金の加入手続きが必要です。転入届を済ませた後、市役所1階国保年金課年金係で国民年金加入の手続きをしてください。

    外国人の方が出国したとき
     
    国民年金に加入している外国人の方が海外に居住するときは、国民年金の資格を喪失します。
     
    脱退一時金
     
    国民年金の保険料を6ヶ月以上支払った外国人の方が、老齢基礎年金の受給資格期間を満たすこと無く出国したときは、脱退一時金を受け取ることができます。出国後年以内に請求の手続きをしてください。
     請求の方法については越谷年金事務所にお尋ねください。

     

    60歳を過ぎてから国民年金に加入するとき

     国民年金の強制加入期間が終わる60歳になっても、老齢基礎年金を受けるために必要な受給資格期間が足りない方や満額の老齢基礎年金に満たない方は65歳まで任意加入できます。
     また、昭和40年4月1日以前に生まれた人で65歳に達してもなお老齢基礎年金の受給資格を満たせない場合は、さらに70歳になるまでの間に受給資格を満たすまでの期間、任意加入することができます。

    手続きに必要なもの 

  • 年金手帳(年金手帳が無い場合は健康保険などご本人確認できる書類)
  • 口座振替納付のための口座番号がわかるもの(通帳・カードなど)と口座届出印
  • その他(必要な書類はそれぞれの方で違いますので必ず事前にお問い合わせください。

     

    手続き場所 

  • 市役所1階国保年金課年金係