中学校の学校選択

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

三郷市の学校選択制とは

学校は住所により通学する学校が決まっています。学校選択制とは、入学したい学校を選ぶことができる制度です。
三郷市の学校選択制は、小学校は平成24年度入学生から制度を廃止し、中学校は継続協議とし、当分の間、制度を実施することとなりました。

学校選択ができる対象者

入学時や市外からの転入時、市内での転居時に学校を選択することができます。

選択方式

通学区域(以下「学区」という。)は残しつつ、市内の全ての中学校から選択できる「自由選択方式」としています。

選択方法(入学時)

1)希望選択票の配布
入学予定生徒の世帯主又は保護者の方に、10月上旬に在籍する市内小学校をとおして配布いたします。(在籍していない方は、郵送)
2)希望選択票の提出
入学を希望する学校名を記入して、指定の期日までに在籍する市内小学校に提出(在籍していない方は郵送又は学務課窓口へ)

※選択票は、学区の学校を希望する場合も提出してください。提出がない場合や希望校の記入がない場合は、学区の学校を選択したものとみなします。
※一度選択した学校の変更は出来ません。ただし、学区外を選択して学区内に戻る場合は、認めますので、学務課にご連絡ください。
※国・私立中学校等に入学予定の場合でも、希望選択票を提出してください。

学区外の受け入れ

学区内の入学予定者数(住民登録者数)や転入者などの為の予備枠(10人)を考慮して、学区外からの受入可能人数を決定します。

受け入れ可能人数はこちら
※学区内の入学予定者数が定員に達している学校や学区外の受け入れが不可能と判断された学校は、学区外からの受け入れは行いません。

希望状況の公表

11月中旬に各学校の希望状況を集計した結果を公表します。

希望者が集中した場合

学区外の希望者が多く、学区外からの受入可能人数を超えた学校については、抽選により入学者を決定します。抽選実施校については、11月中旬に希望状況集計結果と併せて公表します。
1)抽選の実施時期
11月下旬又は12月上旬に実施する予定です。抽選の対象者には、11月中旬までに抽選通知書をお送りします。
2)抽選の対象外
(1)兄姉が在学している場合(卒業する場合は除く)
(2)転居予定者(具体的な手続きを進めている場合のみ)
3)抽選で入学が確定できなかった場合
(1)学区の学校に入学
(2)補欠として登録(一定期間)
※繰り上げにならない場合は学区の学校に入学となります。


特別支援学級入級希望者の学校選択

就学支援委員会後に申請期間を設けて手続きを行います。入学通知書発送後は、指定校変更申請での手続きとなります。


転入・転居時の学校選択

住民異動の届出の際に学校選択を行うことができます。ただし、通学区域外の抽選実施校や学区外から受け入れしない学校は選択することはできません。また、一度転入や転学をした学校の変更はできません。

通学方法について

学区外の学校を選択した場合の通学方法は、徒歩や公共交通機関の利用が原則です。学校直接の送り迎えや自転車通学は認められません。自転車通学については、学校の地域性や実情を踏まえて学校と協議することができます。

学校を選択するに当たって

学区外の学校を選択する場合、通学方法や通学区域内までの通学経路を含め、通学の安全は保護者の方に確保していただくことが条件となります。毎日の通学のことを考えて、通学に無理のない学校を選択することも大切です。(学区外から通学する場合も日本スポーツ振興センターの保険対象になります。)
また、うわさや風評等に左右されず、学校公開等を利用し自分の目で確かめ、学校紹介冊子を参考にするなど、責任をもって慎重に学校を選択してください。