DV(ドメスティックバイオレンス)について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

DV(ドメスティックバイオレンス)ってなんだろう?
             

 

DVとは?

 

「暴力」とは?

 

デートDVとは? 

 

喧嘩 と DV の違い 

 

DVはなぜ起こる?  

 

DVはどういったきっかけで始まる? 

 

 ・DVの被害の影響 

 

 ・三郷市配偶者暴力相談支援センター 

 

女性相談

 

・その他のDVに関する相談窓口


          DVとは?     

 

DVとは、「暴力」を使ってパートナーを支配しコントロールすることです。

DVの被害は女性だけでなく、性別にかかわらず起こり得ます。

また、同性パートナー間でもDVは起こり得ます。

 

では、どんなことが「暴力」にあたるのでしょうか。

 


     「暴力」とは?     

 

「暴力」というと、殴る・蹴るなどの身体的な暴力を想像しがちです。

しかし、暴力はそれだけではありません。

暴力の種類について、下記に具体例を挙げます。

 

<身体的暴力>

殴る  蹴る  物を投げる  突き飛ばす

首を絞める  殴るふりをする など

 

<精神的暴力>

無視する  大声で怒鳴る  モラハラ(モラルハラスメント)

人格を否定することを言う  人前で悪口を言う

「出て行け」など暴言を吐く

交友関係を制限する・チェックする など

 

<経済的暴力>

必要な生活費を渡さない

お金を取り上げたり貯金を勝手に使う

家庭の収入について何も教えない など

 

<性的暴力>

性行為の強要  避妊に協力しない など

 

<子どもを巻き込んだ暴力>

子どもへパートナーの悪口を言う

子どもへ暴力を振るうと脅す など

 

身体的暴力が起こっても日常的ではないかもしれません。

多くの場合は、別の形の暴力でパートナーを支配したり、

暴力と優しさを使い分けてコントロールしようとします。

 

 

      デートDVとは?      

 

DVは大人だけに起こり得る問題ではありません。

高校生や中学生など若い世代でも、恋人から「暴力」を受けることがあり、

それをデートDV(恋人間暴力)といいます。

「暴力」は、殴る・蹴るだけではありません。

 

 

こんなことはありませんか?

恋人が…

□スマホをチェックする

□交友関係を制限する(異性の友人の連絡先を消す、SNSをブロックさせる)

□「別れるなら死ぬ」などと脅す

□キスや性行為を強要する

□性的な写真を撮ったり、写真を送らせたりする

□避妊に協力しない

□中絶を強要する

□デート代をすべて支払わせる

□借りたお金を返さない

□物を投げつける

□たたく、殴る、蹴る

 

ひとつでも当てはまったら、恋人との関係が対等ではないかもしれません。

「嫌われたくない」「自分が悪いから…」と思って我慢していませんか?

 

また、これらはデートDVの一例です。

恋人との関係に違和感を抱いたら、「デートDVかもしれない」と

一度立ち止まってよく考えてみましょう。

 

 

デートDVは、小・中・高校生のような若い恋人同士でも起こり、

自分たちだけで解決するのは、とても難しい問題です。

もしあなたが悩んでいたら、信頼できる大人か 相談機関へ相談してみてください。

 

 

      喧嘩 と DV の違い      

 

喧嘩は対等な関係のパートナーとのぶつかり合いです。

夫婦や恋人とのあいだで、日頃からお互いに言いたいことを言い合って、

それが喧嘩へ発展することもあるかもしれません。

一方DVは「弱者を力で押さえつけ、コントロールする」という支配関係があります。

 

「パートナーと一緒にいるとビクビクする」

「自分の気持ちが言えない」

「常に顔色をうかがってしまう」

そういったことがあれば、パートナーとの関係が対等ではないかもしれません。

 

 

        DVはなぜ起こる?     

 

 

DV被害者の多くは女性です。

 

日本では、「男性は外で働き、女性は家庭を守るもの」という

固定的な男女の役割分担意識が根強くあり、経済的な格差が生まれています。

「女は男に従うもの」「男は多少暴力を振るっても仕方ない」などといった

男性優位の意識は現在でも残っています。

DVは個人の問題ではなく、こういった社会的な問題と大きく関係しています。

 

男性が被害にあうこともありますが、こういった社会的な背景から、

人に相談しにくく、支援に繋がりにくいという課題も考えられます。

 

 

また、一般的に、DVの加害者は

「誰にでも暴力を振るう怒りっぽい人」ではないことが多いです。

むしろ、同僚や友達からは

「優しくていい人」「まじめに仕事をする人」などと

言われていることが多くあります。

そのため、「暴力を振るわれた」と被害者が訴えても、

誰にも信じてもらえないことがよくあります。

 

DV加害者は、時と相手を選び、暴力を振るっています。

このことから、私たちは DV を "学習した行動" と考えています。

 

      DVはどういったきっかけで始まる?        

 

【「好きだから」と行動を見張る】

心配だから」「愛しているから」と言って…

・パートナーの行動をチェックする

・誰と会ってどんな話をしていたのか報告させられる

 

 

【孤立させる】

パートナーの周囲の人(友達や家族)を…

・極端に嫌って会わせないようにする

・連絡を取らせないようにする

・出かけようとすると「行かないでくれ」としつこく迫る

 

 

【日常的に否定する】

・批判する「なんでこんなこともできないんだ

・否定する「何をやってもだめだ

・馬鹿にする「これくらいもできないのか

 

否定された側は

自分に落ち度があるのでは…

自分が悪いのでは…

と思うようになっていく

 

        

 

 

【暴言・暴力・要求がエスカレート】

・突き飛ばすなど身体的な暴力が加わる

・「お前が~をしなかったからだ」とパートナーのせいにする

・「~をしないとどうなるかわかっているのか」と言って脅かす

 暴言や暴力にさらされ続けると、

本当はしたくないけど怖いからする

次はもっと言う通りにしないと」などと考えるようになります。

このように、徐々に支配され、

少しずつコントロールがひどくなっていくのが

DVの特徴です。


          DVの被害の影響      

 

DVは、被害者の心と体を深く傷つけます。

加害行為から逃れたあとも生活に影響が出たり、

専門的なケアが必要になることもあります。

 

また、子どもが親の暴力を見たり聞いたりすることは、「児童虐待」にもあたります。

子どもの心身にも様々な影響を及ぼします。

 

 

          三郷市配偶者暴力相談支援センター      

 

 

DV被害に関するワンストップの相談窓口として、

三郷市配偶者暴力相談支援センター事業が令和2年7月1日から始まりました。

 

パートナーといると怖いと感じたり、緊張したり、、、

パートナーからの暴力で悩んでいませんか?

体を傷つけられることだけが暴力ではなく、

大声でどなる、大切なものを壊す、

性的行為を強要する、避妊に協力しない、生活費を渡さない、

子どもへパートナーの悪口を言うなど、

暴力の種類には様々なものがあり、体と心を深く傷つけます。

 

暴力は次第にエスカレートして、被害が深刻になることがあります。

ひとりで悩まずお話ししてみませんか?

 

「つらい」「なにかおかしい」と感じていたら、一度ご相談ください。

秘密は守ります。一緒に考えていきましょう。

 

日  時:月曜日から金曜日(祝日・年末年始除く)

時  間:午前9時から午後5時

電話番号:048-930-7834(直通)

 

 

    その他のDVに関する相談窓口    

 

With You さいたま

よりそいホットライン

DV相談+

アイリスホットライン