受益者負担金Q&A

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

三郷市都市計画下水道事業受益者負担に関する条例について「よくある質問」をQ&Aで掲載しております。


Q 受益者負担金を猶予している(又は一部支払い済み)土地を売買する予定なのですが?
A 市は売買の日付、契約内容等、一切認知できません。売買の際は、該当の土地は受益者負担金を猶予し、又は一部未納であり清算されていないことを売買契約の関係者に必ず伝えてください。
 あわせて受益者負担金を売却者(旧所有者)が支払うのか、購入者(新所有者)が支払うのかも必ず協議してください。
 その後、売買日から14日以内に「下水道事業受益者変更届出書」を提出してください。
 上記の事項を怠った場合は、トラブルに発展することもありますので十分にご注意ください。またその際は、市は一切関与しませんのでご了承ください。
 
Q 下水道整備済み区域内で畑を耕作しているが、負担金を支払わなければいけないのですか
A 田や畑などの農地につきましては、所定の事務手続きをしていただくことで、負担金の徴収猶予が可能となる場合があります。

Q 土地区画整理事業区域内の土地は、負担金を支払わなくてよいのですか? 
A 早稲田土地区画整理事業の区域については、過去に土地区画整理組合との間で地区内全ての土地に係る受益者負担金が清算されています。
 三郷中央、インターA及びインター南部の各地区については、土地区画整理事業と連携し下水道が整備されていますので、土地区画整理事業に要する費用を関係地権者が負担していることに着目し、受益者負担金を減免する措置を講じております。
 ららシティ1丁目・2丁目については、土地区画整理事業による宅地開発ではありませんが、開発行為完了時に全ての土地に係る受益者負担金が清算されています。
 そのため以上の土地に係る受益者負担金は掛かりません。

Q マンションに住んでいるのですが、負担金の取扱いはどうなるのですか? 
A 集合住宅にお住まいの場合、分譲住宅であれば所有者が受益者です。住宅管理組合等を通じた事務手続きをお願いします。
 賃貸住宅であれば、一般的には建物所有者が受益者ですので、市が直接入居者の方に負担金を賦課徴収をすることはありません。 
 

お問合せ先

担当 下水道課計画管理係  
電話 048(930)7737(直通)