駐車場法の届出

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

1.届け出の対象となる駐車場

 下記の2つの要件に該当する駐車場は、『路外駐車場』として駐車場法の基準に適合しなければなりません。

 (1) 一般公共の用に供する駐車場で駐車の用に供する面積が500㎡以上の駐車場

   一般公共の用に供する駐車場とは、不特定多数の人が利用できる駐車場のことです。
   時間貸し駐車場、商業施設や病院等の駐車場などが該当し、月極駐車場や従業員専用
  駐車場など利用者が限定されている駐車場は対象となりません。

   駐車の用に供する面積とは、駐車マスの合計面積で、車路等の面積は含みません。

 (2) 駐車料金を徴収する駐車場

   時間貸し駐車場のように駐車料金を徴収する駐車場が該当します。無料の駐車場や
  月極のように特定の利用者の駐車場は対象となりません。

 路外駐車場の届出対象に関するフロー図

2.設置、管理規定の届出(駐車場法第12~14条)

 上記1で対象となった駐車場は、設置届出書及び管理規定届の提出が必要になります。

 また、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)
 が施行され、駐車場法における設置届出の対象となる場合には、省令で定められた基準に
 適合することが義務付けられ、書面(下記参照)の提出が必要になりました。

 なお、届出のあった駐車場において、変更・休止・再開・廃止となる場合も届出が
 必要となります。
 
  届出にあたっては下記の手引きなどをご参照ください。

 ●路外駐車場設置の手引き(pdf 409KB)

 ●提出様式
 ・路外駐車場(変更)届出書(xlsx 32KB)
 ・バリアフリー新法ただし書きの書面(xlsx 25KB)
 ・管理規定届出書(doc 28KB)
 ・チェックリスト(xlsx 674KB)
 ・一部変更届出(docx 13KB)
 ・休止届(docx 14KB)
 ・再開届(docx 13KB)
 ・廃止届(docx 13KB)