三郷市公共施設景観ガイドライン

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

●三郷市公共施設景観ガイドラインとは?

 平成23年4月より「三郷市景観計画」と「三郷市景観条例」の運用を開始し、市民、事業者の皆様にはこれらに基づいた建築計画等をしていただいていますが、市が整備する道路や公園等の公共施設等については基準がありませんでした。そこで、市が良好な景観形成をリードし、市民、事業者の皆様のお手本となるような公共施設整備を進めるために、景観に配慮した公共施設を整備するための基準等を定める指針「三郷市公共施設景観ガイドライン」の策定作業に取り掛かり、平成24年4月施行しました。
 ガイドラインでは、「適合協議」「法定通知」「完了報告」という3つの手続きが用意されていますが、それぞれ手続きが必要になる要件が異なります。





























これまでの取り組み内容
○公共施設景観ガイドライン調整会議

 公共施設景観ガイドラインの策定にあたり、公共施設の維持・整備に関わる主な部署の職員で構成される調整会議を設置し、案の検討を行いました。

  過去に開催された調整会議の内容はこちら

 また、ららほっとみさとや当ホームページ上において市民の皆様からの意見を募集しました。

  市民の皆様からの意見募集の結果と対応についてはこちら