特定健康診査等実施計画

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
三郷市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定
(計画期間:平成28年度から平成29年度)

★詳細はこちらをご覧ください。



第2期 特定健康診査等実施計画を策定
 

健康大使

1.主旨

平成20年4月から、「高齢者の医療の確保に関する法律」が施行され、後期高齢者医療制度発足とともに、各医療保険者が40歳から74歳の加入者に対し、生活習慣病の起因となるメタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査・特定保健指導」を実施してきました。

特定健康診査・特定保健指導は、特定健康診査の結果、脳卒中や心疾患を発症するリスク要因があるかたに対し、生活習慣の改善を促す保健指導を効果的に実施することで、生活習慣病の発病、重症化を予防し、将来的な医療費の適正化を図ることを目指しています。

本計画は、平成20年度から平成24年度の5か年の実施を踏まえ、特定健康診査の対象である、三郷市国民健康保険被保険者の健康状態と医療費との関係を調査し、抽出された健康課題と今後の取り組みをまとめています。


2.実施期間

平成25年度から平成29年度


3.達成しようとする目標

三郷市国民健康保険は、特定健康診査受診率60%特定保健指導実施率60%を平成29年度までに達成することを目標とします。

しかし、第1期計画期間の特定健康診査受診率と特定保健指導実施率をみると、三郷市は埼玉県内市町村平均に及ばない状況であり、特に男性・女性ともに40~50歳代の受診率が低い状況です。人間ドックや職場の健康診査を受けず、「多忙」や「健康に自信がある」から健康診査を受けていないかたは、ぜひ市の特定健康診査を受診し生活を見直しましょう。


第2期特定健康診査等実施計画PDF
第2期特定健康診査等実施計画 概要版PDF