介護保険利用料の助成について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

1.制度の目的
 介護保険サービスを受けるにあたり、利用者が負担する額を支払うことが困難な低所得者の方に利用料の助成を行う制度です。


2.助成対象者 

 ※以下の条件をすべて満たすかたは、利用料の助成を受けることができます。
 ①世帯の年間収入が単身世帯で80万円以下、世帯員が1人増えるごとに80万円を加えた額以下であること。
 ②世帯の預貯金等の額が単身世帯で350万円以下、世帯員が1人増えるごとに100万円を加えた額以下であること。
 ③日常生活に供する資産以外に活用できる資産がないこと。
 ④親族等から扶養や仕送りを受けていないこと。
 ⑤介護保険料を滞納していないこと。

3.助成の割合
 ■保険料段階が第1段階のかたは、利用負担額の2分の1
 ■保険料段階が第2段階・第3段階のかたは、利用負担額の3分の1
 ■第2号被保険者のかたは、利用負担額の3分の1
 ⇒保険料についてはこちら

4.申請に必要なもの

 ①介護保険利用料助成申請書 ⇒申請書はこちらからダウンロードできます。
 ②本人及びその属する世帯全員の収入の分かる書類
 ③住民税や健康保険等の扶養の状況がわかる書類
 ④
本人及びその属する世帯全員の預貯金通帳の写し