後期高齢者医療特定疾病療養受療証

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

後期高齢者医療特定疾病療養受療証について

次に掲げる疾病に該当されるかたは、申請により、特定疾病の認定を受け、「後期高齢者医療特定疾病療養受療証」の交付を受けることができます。
特定疾病療養受療証の提示により、同一月・同一医療機関への当該疾病にかかわる医療費の自己負担額は、月1万円が上限となります。


■対象となる疾病

・人工腎臓を実施している慢性腎不全
・血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8.因子障害又は先天性血液凝固第9.因子障害(いわゆる血友病)
・抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群