後期高齢者医療保険料の納め方

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

後期高齢者医療保険料の納め方について

後期高齢者医療保険料は、原則として、特別徴収(年金天引き)による納付となります。特別徴収による納付とならない場合は、普通徴収(納付書又は口座振替)による納付となります。


■特別徴収(年金天引き)について

対象となるかたは、年金額(受給する複数の年金の合計額ではなく、特別徴収の対象として最優先される年金の額)が年額18万円以上のかたです。ただし、介護保険料額と後期高齢者医療保険料額との合計額が年金額の1/2を超える場合は、普通徴収となります。

年6回の年金支給の際に、年金の受給額から後期高齢者医療保険料が天引きされます。
年間の保険料額は、7月頃にならないと算定できないため、4月・6月・8月については、原則として、前年度の2月と同額の保険料が天引きされます(「仮徴収」と言います)。
10月・12月・2月については、保険料の確定を受けて行われますので、4月・6月・8月の仮徴収が行われている場合は、年間保険料額から仮徴収額を差し引いた差額分が3回に分けて天引きされます。

なお、特別徴収の対象となるかたでも、年度途中において被保険者資格を取得されたかたは、一定期間、普通徴収となった後に、自動的に特別徴収に切り替わります。


■普通徴収(納付書又は口座振替)について

対象となるかたは、以下に該当するかたです。
年間保険料額を8回(7月から翌年2月まで)に分けて、納付書又は口座振替により納めていただきます。口座振替による納付を希望される場合は、お申し込みが必要です。

・年金額が年額18万円未満のかた
・介護保険料額と後期高齢者医療保険料額との合計額が年金額の1/2を超えるかた
・介護保険料が特別徴収(年金天引き)となっていないかた
・4月の年金定期支払時に特別徴収対象年金を受給していないかた
・年金保険者に届け出ている住所が三郷市以外のかた
・年度の途中に後期高齢者医療制度の被保険者資格を取得したかた
・年度の途中に引っ越したかた(同一市内での転居は除く)
・年金担保貸付金を返済中のかた

【口座振替による納付】
後期高齢者医療保険料について、口座振替による納付を希望される場合は、金融機関へのお申し込みが必要になります。一度お申し込みいただきますと、翌年度以降も、保険料の納め方が普通徴収となった場合は、引き続き口座振替が継続されます。
なお、お申込みいただいてすぐには口座振替が開始できませんので、お申し込みの際には、口座振替がいつから開始されるか確認していただき、口座振替開始期前に納期限が到来するものにつきましては、納付書で納めてください。

【注意:国民健康保険で口座振替の手続きをされていたかた】
後期高齢者医療制度に加入する以前に、国民健康保険において口座振替の手続きをされていた場合につきましても、後期高齢者医療保険料で引き続き(自動的に)口座振替を継続することはできません。改めて、「後期高齢者医療保険料」について、口座振替の金融機関へのお申し込みが必要となりますので、ご注意ください。


■年度途中で特別徴収から普通徴収になるかた

以下に該当するかたは、年度途中で特別徴収(年金天引き)から普通徴収(納付書又は口座振替)に変更となります。

・年度の途中で、所得の変更により保険料額が減額変更になったかた
・年金の現況届未提出などにより年金が差し止められ、支払いが保留になったかた
・年金の支払調整により、年金額が年額18万円未満になる見込みになったかた
・年金担保貸付金の返済を開始したかた


■特別徴収と普通徴収の併用になるかた

以下に該当するかたは、特別徴収(年金天引き)と普通徴収(納付書又は口座振替)の併用となります。

・前年度中に後期高齢者医療制度の被保険者資格を取得したかたで、4月・6月・8月の特別徴収の仮徴収額がないかた
  7月から9月までの3回が普通徴収(納付書又は口座振替)となり、
  10月・12月・2月が特別徴収(年金天引き)となります。
・年度の途中で、所得の変更により保険料額が増額変更になったかた
  特別徴収(年金天引き)分以外に、
  増額分が普通徴収(納付書又は口座振替)となります。


■特別徴収から口座振替へ納付方法変更の申出について

すでに特別徴収(年金天引き)による納付となっているかた、又は今後特別徴収(年金天引き)による納付が開始されるかたで、保険料の納め方を特別徴収(年金天引き)ではなく口座振替による納付をご希望されるかたが対象となります。

【納付方法変更の手続き】
特別徴収(年金天引き)による納付を中止し、口座振替による納付に変更を希望されるかたは、以下のとおり手続きをしてください。

(1)金融機関窓口で、「後期高齢者医療保険料」の口座振替申し込みを行ってください。
(2)金融機関窓口での手続き終了後、「口座振替依頼書(納付義務者控)」と被保険者の保険証を持って、市役所長寿いきがい課高齢者医療係窓口で、「後期高齢者医療保険料納付方法変更申出書」を記入し、提出してください。

※申し出後、すぐには特別徴収(年金天引き)を中止することができません。納付方法の変更を希望される場合は、お早めに手続きをしてください。

※申し出により変更できるのは、特別徴収(年金天引き)から口座振替による納付への変更のみです。特別徴収(年金天引き)から納付書による納付への変更はできません。

※すでに特別徴収(年金天引き)による納付となっているかた、又は今後特別徴収(年金天引き)による納付が開始されるかたで、特別徴収(年金天引き)による納付を希望されるかたは、手続きの必要はありません。

※普通徴収(納付書又は口座振替)による納付となっているかたで、特別徴収(年金天引き)による納付を希望されるかたは、手続きの必要はありません。特別徴収(年金天引き)が開始できる条件が整いましたら、自動的に特別徴収(年金天引き)に切り替わります。

※口座振替による納付となっているかたにつきましても、上記の【納付方法変更の手続き】を行わない限りは、特別徴収(年金天引き)が開始できる条件が整いましたら、自動的に特別徴収(年金天引き)に切り替わりますので、ご注意ください。