療養費

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

療養費について

次のような場合で医療費の全額を負担した場合、必要書類を添えて申請することにより、支払った費用の一部の払い戻しが受けられます。


■療養費の申請手続き

申請の際には、下記のものをご用意ください。

【やむを得ない事情で、保険証を持たずに医療機関等にかかったとき】
・領収書(原本)
・診療報酬明細書(レセプト)に相当する書類(原本)
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・被保険者の振込先口座がわかるもの(通帳など)

【保険診療において、医師が治療上必要と認めた治療用装具(コルセット等)を作ったとき】
・領収書(原本)
・補装具を必要とする医師の証明書(原本)
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・被保険者の振込先口座がわかるもの(通帳など)

【輸血のために用いた生血代がかかったとき】
 ※ただし、親子、夫婦、兄弟等、親族からの提供は支給対象外
・血液提供者の領収書(原本)
・医師の証明書(原本)
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・被保険者の振込先口座がわかるもの(通帳など)

【海外に渡航中、医療機関等にかかったとき】
 ※ただし、治療が目的で渡航した場合は支給対象外
・領収明細書(原本)
・診療報酬明細書(レセプト)に相当する書類(原本)
・領収明細書及び診療報酬明細書の日本語翻訳文(翻訳者の住所・氏名を記載)
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・被保険者の振込先口座がわかるもの(通帳など)

【負傷、疾病等により移動が困難な患者が、医師の指示により一時的、緊急的な必要性があって移送されたとき】
・領収書(原本)
・移送にかかる医師の証明書(原本)
・印鑑(朱肉を使用するもの)
・被保険者の振込先口座がわかるもの(通帳など)