葬祭費

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

葬祭費について

後期高齢者医療保険被保険者が亡くなった時、申請をすることによって、葬儀を行った人(喪主)に5万円が支給されます。

■葬祭費の申請手続き

申請の際には、下記のものをご用意ください。

葬祭費支給申請書.pdf(窓口交付可能)
・会葬礼状(原本)又は葬祭費用の領収書(原本)
 ※葬祭を行ったこと及び喪主を確認できる書類
・喪主の振込先口座がわかるもの(通帳など)
・亡くなられたかたの被保険者証(すでに返却済の場合を除く)

 

※後期高齢者医療給付の口座の変更が必要なかたは、以下のものもご用意下さい。

・ご相続人のかたの印鑑(朱肉使用)
・ご相続人のかたの振込先口座がわかるもの(喪主と同一の場合は不要)

 
【必要に応じて提出する書類】
・委任状
  葬祭費の振込先を喪主以外の名義の口座とする場合。
  喪主が記入・押印した「委任状」が必要です。
・申立書
  申請書の内容と確認書類の内容が異なる場合。
  (領収書の氏名がフルネームで記載されていない等)
  喪主が記入・押印した「申立書」が必要です。

 

※葬祭を行った日の翌日から起算して2年を過ぎると時効となり、申請ができなくなります。

【献体のときは】
献体の場合も、葬儀を行っていることが葬祭費支給の要件となるため、会葬礼状等の添付が必要です。
ただし、仮葬儀や親族のみのお別れ会等を行った場合は、その事実がわかるもの(領収書等)と献体に関する書類(解剖に関する遺族の承諾書等)の2点の添付により、申請できます。