「日本一の読書のまち三郷」づくりを推進する図書館のとりくみ

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
図書館ウェブサイトはこちら
三郷市図書館リンクバナー

読書の楽しさが実感でき、本に興味を持つきっかけづくり

自動貸出機の導入

市立図書館に続いて早稲田図書館ですべての本にICタグを貼付し、早稲田図書館予約棚 自動貸出機で貸出ができたり、予約で取り寄せた本を利用者ご自身で 借りることができる予約棚の設置など新しいシステムを導入しました プライバシーに配慮し、お待たせしないで処理できます。








特集コーナーを設けています

早稲田図書館特集コーナー 新刊だけではない魅力ある本との出会いを促すため、季節や時事に沿ったテーマで本を集めて展示しています。
 また、隔月で発行している図書館だよりで取り上げたテーマに関する本も、コーナーを設置しています。
 各地区センター、コミュニティセンターなどでは「蔵出し」という、普段は手に取れない書庫にある本が並ぶコーナーもございます。
 これら各コーナーの資料はすべて貸出可能です。





参考図書の収集をしています

レファレンスコーナー 「参考図書(レファレンス・ブック)」と呼ばれる調査・研究をするために役立つ資料・百科事典なども図書館に所蔵しています。大事な資料ですので、館内でご覧くださるようお願いしています。
 また、司書が調べ物や本を探すお手伝いをするレファレンス・サービスも行っています。





市民ニーズに応じた資料の収集

大活字本:本の文字が見づらい方々が読みやすいように通常より大きな文字で印刷されています。
録音図書(ディジー図書): 本の内容がCD-ROMに録音されています。北部図書館で所蔵しています。
点字図書:早稲田図書館で所蔵しています。     
ディジー  点字付き絵本
録音図書や点字図書の貸出返却は郵送もできます。身体障がい者手帳をお持ちのかたは郵送料が無料になることもあります。
くわしくは 北部図書館 電話958-8900 までお問い合わせください。

児童向きイベント

読み聞かせ・おはなし会等を行っています

 市立親子おはなし会各施設で曜日や事業が異なりますので、図書館ウェブサイト
 (こちら)や館内掲示等で予定をご確認ください。

・読み聞かせ・おはなし会
 公立図書館司書、読書支援ボランティア等が連携し、積極的に読み聞かせやおはなし会を行っています。乳幼児から参加できる親子おはなし会も実施しています。

 

かがくあそび

 実験や工作を通して、科学の本にも親しんでもらう事業として「かがくあそび」を行っています。
葉脈しおり ぶんぶんゴマ

一般向きイベント

ビブリオバトル

ビブリオバトルとは、知的書評合戦ともいわれ簡単にいうと書評紹介ゲームです。
①発表参加者が順番に一人5分で本を紹介します。
②それぞれの発表のあと参加者全員でその発表に関する質問を2~3分行います。
③すべての発表が終了したあとに「どの本が一番読みたくなったか?」を基準に投票し最多票を集めた本が「チャンプ本」となります。

人前で自分が本の紹介をするのは苦手という方も参観者として、見るだけ、聞くだけでも様々な本が登場し、とても楽しめます。
H27早稲田図書館ビブリオバトル    早稲田図書館で年3回程度開催しています。
くわしくは、早稲田図書館 電話958-1040 にお問い合わせください。 

大人のためのお話会

年4回程度北部図書館で開催しています。回によって内容は、民話の語り・落語会・朗読など変わりますのでお楽しみにしてください。

学校への支援事業

ブックトーク事業を行っています

 ブックトークとは、テーマやキーワードで様々な本を幅広く紹介する、読書案内の手法のひとつです。三郷市の図書館では平成3年から継続して市内の各小学校において実施しています。
北部ブックトークブックトーク一例

団体貸出を積極的に行っています。

 調べ学習への協力貸出の他、学校と連携を図り、子どもたちにとって一番身近な場所である教室に、学年に合わせた本を市内全小学校へ「学級文庫おたのしみセット」として、中学校には「朝読セット」として貸出しています。また、現行の図書館・図書室間の配送システムを、平成22年度からさらに学校間へ拡大し、団体貸出等をより有効に活用できるよう努めています。
お楽しみセット準備の様子お楽しみセット内容の一部


図書館・図書室見学を積極的に受け入れています

 学校と図書館が連携して、生活科探検等での図書館見学を積極的に行っています。図書館に来館した子どもたちへ、クイズ形式で利用案内やおはなし会を実施することで、図書館や読書になじみの少なかった子どもたちの利用を促します。

早稲田見学  早稲田見学

市民と連携して子どもの読書環境を向上させます

児童文学講座を開催

 子どもの本に関心のある方を対象として作家や研究者を招いて、児童文学講座や絵本に関する講座を積極的に開催しています。子どもの成長と児童文学との関係や参加者に作品を見る基準を養っていただくなど幅広い啓発に努めています。


読書支援グループ研修会を開催

 主に小中学校や公共施設等で読み聞かせ等のボランティア活動を行っているグループを中心に図書館で研修会を開催しています。毎年研修テーマを工夫し、読書ボランティアは子どもの読書活動を支える役割を担っていることを自覚し、技術の向上に努めています。
H26研修会 H27研修会
 

読書活動の情報を発信します。

 読書フェスティバルにて、図書館の連携について実践発表するとともに、多くの人に取り組みを発信しています。
 また、日々の行事や休館の情報などを図書館のウェブサイトだけでなく、三郷市で発行している「広報みさと」や三郷市広報室TwitterやFacebookも活用して情報発信を行っています。

 ・図書館ウェブサイトはこちら。蔵書検索もできます。
 ・三郷市広報室Twitterはこちら。同Facebookはこちら。(図書館単独のものではありません)