産業立地ゾーン基本方針

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 第4次三郷市総合計画に位置づけをしました産業立地ゾーンにおいて、計画的な土地利用の誘導に際し、市の基本的な考え方を周知するため、平成27年6月に産業立地ゾーン基本方針を策定しました。その後、本市をとりまく社会情勢の変化に対応すべく、平成29年3月に本方針を改定しました。しかし、本方針を運用し、事業化に向けた関係機関協議を実施する上で、まちづくりの課題を改めて認識したため改定を行いますので、市民のみなさまのご意見を募集します。

 詳細についてはこちら


【土地利用誘導方策】

 
 産業立地ゾーンにおける秩序ある産業地を創出するため、都市計画法第12条に基づく土地区画整理事業、法第12条の5に基づく地区計画、及び法第34条第12号に基づく区域指定の中から適切な土地利用誘導方策を選定し、計画的な産業基盤づくりを進めることとしております。


 『地区計画(都市計画法第12条の5)』
 

 市街化を抑制すべき区域という基本理念を堅持しつつ、環境や景観と調和し、都市活力の維持・増進に資する土地利用を誘導するものです。

 三郷市市街化調整区域の計画開発における地区計画の取り扱い方針

 三郷市市街化調整区域の計画開発における地区計画ガイドライン


 『区域指定(都市計画法第34条第12号)』

  産業立地ゾーンにおける秩序ある産業地を創出するため、都市計画法第12条に基づく土地区画整理事業、法第12条の5に基づく地区計画、及び法第34条第12号に基づく区域指定の中から適切な土地利用誘導方策を選定し、計画的な産業基盤づくりを進めることとしております。

 

 市の条例に基づき、予定建築物等の用途を限り土地の区域を指定するものです。 

 三郷市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例

 三郷市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例施行規則

 「三郷市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例第3条第1項第1号」に係る運用方針