専用水道について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

専用水道の設置等について
 
 (1)専用水道とは・・・〔水道法(以下「法」という。)第3条第6項〕
   寄宿舎、社宅、療養所等における自家用の水道、その他水道事業の用に供する水道以外の水道
   であって、次のいづれかに該当するものをいいます。
    ①100人を超える者にその居住に必要な水を供給するもの。
    ②水道施設において、人の飲用、炊事用、浴用その他人の生活の用に供する1日最大給水量
     が20立方メートルを超えるもの。

   ※ただし、水道法施行令(以下「施行令」という。)第1条により、他の水道から供給を受け
    る水のみを水源とする水道施設のうち、地中又は地表に施設されている口径25ミリメート
    ル以上の導管の全長が1500mメートル以下及び水槽の有効容量合計が100立方メートル
    以下のものは除きます。

 (2)設置等の手続きについて(法第5条)
    専用水道の新設又は政令で定めるその増設若しくは改造の工事(以下「布設工事」という。)
    を行おうとするときは、施設基準に適合するよう確認を受けなければ工事に着手することが
    できません。
    計画・設計の段階において、クリーンライフ課までご相談ください。
    (詳しくは 三郷市水道法施行細則 参照)

 (3)設置後の維持管理について
   ①専用水道施設の衛生上必要な措置〔水道法施行規則(以下「施行規則」という。)第17条〕
    施設の設置後、水道の衛生確保のために必要な消毒、その他厚生労働省令で定める措置に
    ついて、専用水道設置者に義務付けております。

   ②水質検査(法第20条、施行規則第15条)
    イ 定期及び臨時の水質検査
     専用水道施設からの安全かつ清浄な水の供給を常時確保するため、専用水道設置者に水道
     水質の定期及び臨時の検査を義務付けております。
     検査については法第20条に基づき、設置者が独自に検査施設を設けるか、地方公共団体
     の機関又は厚生労働大臣の登録を受けた検査機関に委託して行ってください。

 <参考資料>
  水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令101号)
  水質基準に関する省令の制定及び水道法施行規則の一部改正等並びに水道水質管理における留意事項.pdf
  別添1(新水質基準項目等の検査における、給水栓以外での採取の可否、検査の回数、検査の省略の可否).pdf

   ③水質検査計画の策定について(施行規則第15条第6項、第7項)
    専用水道の設置者は毎年度、水質検査に係る計画を策定しなければなりません。実施年度の
    始まる前に提出をお願いします。
    <参考資料>
     水質検査年間計画表.xls 水質検査結果チェック表(過去の検査結果等).xls

 (4)その他
    専用水道の設置及び維持管理等においてご不明な点がありましたら、クリーンライフ課
    環境保全係まで連絡をお願いします。

  <専用水道に係るリンク先>
   埼玉県保健医療部生活衛生課
   厚生労働省健康局水道課(水道法関連法規等)