いったん全額自己負担したとき(療養費)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
次のような場合は、いったん全額を負担することとなりますが、申請により、自己負担分(1割から3割)を除いた額の還付を受けることができます。
申請期間は、医療費を支払った日の翌日から2年間です。

申請に必要なもの

旅先(国内に限る)での急病、緊急等でやむを得ず保険証を持たずに診療をうけたとき

・被保険者証
・世帯主名義の金融機関の通帳
・診療内容の明細書(レセプト)
・領収書
・印鑑
・本人確認できるもの
・個人番号(マイナンバー)がわかるもの

医師が必要と認めたコルセットなどの補装具を作ったとき

・被保険者証
・世帯主名義の金融機関の通帳
・補装具を必要とした医師の意見書又は指示書
・内訳の記載がある領収書
・印鑑
・本人確認できるもの
・個人番号(マイナンバー)がわかるもの

海外旅行中に治療を受けたとき

・被保険者証
・世帯主名義の金融機関の通帳
・診療内容明細書(和訳を添付)
・領収明細書(和訳を添付)
・領収書(和訳を添付)
・治療を受けた方のパスポート(自動化ゲートをご利用の方は、出入国のスタンプを受けてください。)
・印鑑
・本人確認できるもの
・個人番号(マイナンバー)がわかるもの
・海外の医療機関等に照会する同意書

*注意
・日本国内での保険診療として認められた治療に限ります。
・治療目的による海外渡航の場合は、対象外です。
・申請の受付は、治療を受けた方が帰国した後になります。
・診療明細書、領収明細書は、入院・外来・診療別に月ごとに作成してもらってください。

(海外療養費添付書式)
診療内容明細書.pdf
領収明細書.pdf
領収明細書(歯科用)

提出された申請書は審査機関へ送付して審査を受けます。そのため、申請してから口座に振り込まれるまで3か月ぐらいかかります。