簡易専用水道について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

簡易専用水道について

1 簡易専用水道とは…〔水道法(以下「法」という。)第3条第7項、水道法施行令(以下「施行令」という。)第2条〕
 市町村などの水道から供給される水だけを水源として、その水をいったん受水槽にためてから供給する
 水道のうち、受水槽の有効容量(※1)の合計が10立方メートルを超えるものを「簡易専用水道」といい
 ます。
 ※ただし、次の場合は簡易専用水道に該当しませんので、ご注意ください。
 (1)有効容量が10立方メートル以下の場合
 (2)飲料水として全く使用しない場合(工業用水、消防用水など)
 (3)地下水(井戸水)をくみ上げて受水槽に貯めて使用する場合(※2) 

  (※1)有効容量…受水槽の最高水位と最低水位の間に貯留され、適正に利用可能な水量のことです。
  (※2)地下水をくみ上げて受水槽に貯め、飲料水として給水する施設は「専用水道」「自家用水道」
    として、それぞれ水道法、埼玉県自家用水道条例により規制を受ける場合があります。

2 簡易専用水道の設置等について〔三郷市簡易専用水道管理指導要綱〔以下「要綱」という。)第3条〕
   簡易専用水道の設置者は受水槽を設置、変更及び廃止した場合には、受水槽の配置及び概要の詳細が分か
 る資料を添付の上、市に届出をしてください。

 (1)
簡易専用水道設置届.rtf(新たに受水槽を設置した場合) 
 (2)
簡易専用水道変更届.rtf(受水槽の設置等について変更した場合)
 (3)簡易専用水道廃止届.rtf(受水槽の設置を廃止した場合)

3 検査機関による定期的な検査〔法第34の2、水道法施行規則(以下「施行規則」という。)第56条〕
 簡易専用水道の設置者は1年ごとに1回、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関による検査を受検する
 義務があります。受験を怠った場合、設置者が指導を受けるばかりではなく、罰則が適用されること
 もありますのでご注意ください。

 (1)検査内容の詳細について
   
簡易専用水道の管理に係る検査の方法その他必要な事項(厚生労働省告示第262号)
   を参照してください。

 (2)厚生労働大臣の登録を受けた検査機関について
  
 簡易専用水道検査機関登録簿 を参照してください。

 (3)検査の結果報告について(要綱第3条)
    1年ごとに1回、検査が終わりましたら、結果報告書の提出をしてください。
    
簡易専用水道受検報告届.rtf

4 施設の管理について(法第34条の2、施行規則第55条)
 簡易専用水道の管理者は、次の事項を管理する義務があります。設置者自ら管理ができない場合は、別に管理する人を設置してください。

 (1)水槽(受水槽、高置水槽)の清掃
   1年以内に1回、専門的な知識、技能を有する者により必ず行ってください。

 (2)水質確認
   給水栓(蛇口)における水の色、濁り、臭い及び味を確認してください。
   水質に異常があった場合は管轄の保健所や水質検査機関に依頼し、必要な検査を行ってください。

 (3)水槽(受水槽・高置水槽)の点検
   水槽の点検により、有害物質、汚水等による汚染防止の措置を講じてください。

 (4)水質異常などを確認した場合の措置
   水質異常を発見した場合は直ちに給水を停止し、利用者に危険周知を講じる義務があります。

 (5)書類の管理
   施設の維持管理にあたり、次の書類を管理してください。
   ①施設内の設備の配置、系統を明らかにした図面
   ②受水槽の配置を明らかにした図面(周囲の構造物を含む)
   ③水槽清掃の記録、水質検査記録等の帳簿類
   ④水槽の検査結果

 (6)簡易専用水道に係る参考資料
   簡易専用水道の維持管理に関し、次の資料を参照してください。
   また、ご不明な点がありましたら、クリーンライフ課環境保全係まで連絡をお願いします。
   ・厚生労働省(水道関連法規等)

   ・簡易専用水道のしおり(埼玉県)

   ・埼玉県自家用水道条例について(埼玉県)

   ・三郷市簡易専用水道管理指導要綱(三郷市)