子どもの予防接種

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 

【予防接種とは】

 予防接種は、ワクチンを使って感染症に対する免疫を与えるもので、感染症にかからないようにする有効的な方法の一つです。
 感染症は、ウイルスや細菌が体内に入り、増加することで発症する病気です。感染症は、重症化すると後遺症が残ることもあります。予防接種を受けて、お子さんの健康を守りましょう。

【定期予防接種の実施方法と予診票等の発送】

三郷市では、一人ひとりが健康状態の良いときに接種できるよう、全ての定期予防接種を指定医療機関で個別接種を行っています。
 出生や転入されたかたには、予防接種を受けるとき、その日の健康状態などを記入する「予防接種予診票綴り」、予防接種について詳しく説明した「予防接種と子どもの健康」をつぎの日程で送付しています。予防接種の効果と副反応について、よく理解してから接種をしましょう。

出生者 生後1か月くらいに郵送
転入者 転入してから1か月くらいに郵送(すぐに接種をされるかたはご連絡ください)
※二種混合ワクチンは小学年生(11歳になる学年)に、個別通知します。

【予防接種の受け方】


費用負担 法律等で定められている接種期間内は公費で負担
持ち物  予診票、母子健康手帳、健康保険被保険者証等(住所と年齢が確認できるもの)  
接種場所 指定医療機関

指定医療機関によっては、予約制で実施しているところもあります。事前に電話等でご確認のうえ、医療機関に行かれることをお勧めします。
 里帰り出産や疾患などの特別な理由により、指定医療機関で接種できない場合には、健康推進課までお問い合わせください。
※ 以前の制度と違うようなので現況をよく知りたいなどのご質問は、直接、電話や健康診査時にお気軽にご相談ください。

 

予防接種についてのご注意
予防接種は、接種期間内に余裕をもって受けましょう。
接種期間間際に予約をした場合、お子さんの体調等により接種日がずれてしまい、接種期間内に接種できなくなる場合もあります。

 

【予防接種の種類(法律等で定められている)】

 
  こちらをご覧くだい。              

 

 

【接種期間・間隔の考え方】


≪接種期間について≫
例) 平成28年1月15日生まれのお子さんの場合
・四種混合 ⇒ 生後3か月から7歳6か月に至るまでの間
 平成28年4月14日~平成35年7月14日まで(説明:3か月の前日~7歳6か月の前日までとなる。)

例)平成19年5月5日生まれのお子さんの場合
・日本脳炎2期 ⇒ 9歳以上13歳未満
 平成28年5月4日~平成32年5月4日まで(説明:9歳の誕生日の前日~13歳の前日までとなる。)

≪接種間隔について≫
例) 四種混合1期初回の1回目を4月1日(金)に接種した場合 
 ・2回目は⇒20日から56日までの間隔をおいて
 4月22日(金)~5月28日(土)までに接種(説明:1回目の接種後21日目~57日目までとなる。)

相互関係


【予防接種スケジュールについて】
 予防接種法に基づく定期の予防接種などについては、標準的な接種期間が定められています。乳幼児から学童期までの接種については、以下の厚生労働省が示す予防接種スケジュール(望ましい接種時期)の例を参考にし、かかりつけ医と相談しながら予防接種を進めましょう。

日本の定期/任意予防接種スケジュール(平成28年10月1日以降)

予防接種後の体調について

【子どもの任意予防接種のお知らせ】

日本脳炎特例対象者(平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた20歳未満のかた)

 


※※ お知らせ ※※
   転入届や出生届を提出された市民の方へ配布している「予防接種のお知らせ」内に同封する「予防接種と子どもの
  健康
2015年度版」(公益財団法人予防接種リサーチセンター発行)について、一部修正がありましたのでお知らせします。


   P.38 ロタウイルスワクチン(2)ワクチンの概要」の2行目~4行目の修正
    《修正前》
        1ワクチンには血清G1P[8]5価ワクチンにはG1P[5]G2P[5]
       G3P[5]G4P[5]G6P[8]が含まれています
               ⇓
    《修正後》
        1価ワクチンには遺伝子型G1P[8]5価ワクチンにはG1P[8]G2P[4]
       G3P[8]G4P[8]G9P[8]のロタウイルスが含まれて、ヒトにロタウイ
                   ルスの抗体を産生させます。