三郷中央地区のまちづくり

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

●まちのシンボルとなる都市拠点づくりを目指して●


第4次三郷市総合計画や三郷市都市計画マスタープランにおいて、三郷中央駅周辺地域は、5つの拠点の一つとして、商業・業務・サービス機能・行政サービス等の機能導入を図ることで、まちのシンボルとなる都市拠点づくり
を目指す地区として位置づけられています。

当地区は、平成10年3月30日に事業認可を受け、独立行政法人都市再生機構施行による
土地区画整理事業が行われ、平成27年1月30日に換地処分の公告をしました。


>独立行政法人都市再生機構のホームページはこちら

 

事業名 草加都市計画事業三郷中央一体型特定土地区画整理事業
施行者 独立行政法人都市再生機構
施行面積 約  114.8ha
権利者数    1045名(平成26年3月時点)
総事業費 約608億円
平均減歩率 37.80%(公共19.97%、保留地17.83%)
事業認可日 平成10年3月30日
換地処分日 平成27年1月30日

事業期間 平成9年度~平成30年度(精算期間を含む)
計画人口 12,900人

土地利用計画図
土地利用計画図.pdf