ふるさと納税ワンストップ特例制度

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

 平成27年4月1日以降に三郷市などの地方自治体に対する寄附から適用される制度です。

本来、ふるさと納税による税の軽減を受けるためには、確定申告書又は個人住民税の申告を行う必要がありますが「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告等を行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。

ワンストップ特例制度概要図です。

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度の対象者

次の2つの条件をすべて満たしていることが必要です。

1.  確定申告や個人住民税の申告を行う必要のないかた

・給与収入のみで勤務先で年末調整を行うかた

・年金収入のみで所得税はかからないが住民税が課税されるかたのうち追加の控除がないかた

・給与収入(年末調整済)と年金収入(所得が20万以下)のみのかたで追加の控除がないかた

※給与所得者のかたでも、2社以上からの給与収入のあるかたや医療費控除等で確定申告を行うかた

などは対象となりません。

※この制度を受けるための「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、確定申告や個

人住民税の申告をされた場合、ワンストップ特例制度の適用は受けられなくなります。

 

2.  ふるさと納税をされる自治体数が5以下であると見込まれるかた

 5以下の地方公共団体に寄附する予定で、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、結果として6以上の地方公共団体に寄附された場合、全ての寄附について特例の適用は受けられなくなりますので、必ず確定申告等を行ってください。

なお、同じ地方公共団体に複数回寄附をしても1団体としてカウントします。


 

ふるさと納税ワンストップ特例の手続き

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附をした地方公共団体に提出していただく必要があります。

三郷市では、窓口で寄附をされるかたには「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を記入いただきます。郵便書留等で寄附をされるかたへは「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送付しますので、寄附をした翌年の1月10日までに、必要事項を記入のうえ、署名、捺印をして三郷市へ返送してください(FAX及び電子メールは不可)。送料は申請者の負担となります。

 平成28年1月1日以後の特例申請から、申請書へのマイナンバー(個人番号)の記載が必要となりました。

添付書類として、マイナンバーの確認ができるもの及び身元(実存)確認ができるものを送付していただく必要があります。

 

【必要書類】

     「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」 

    添付書類

・マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合 

  → 「マイナンバーカードの表裏のコピー」

・通知カードを持っている場合

  → 「通知カードのコピ-」と「本人確認書類のコピー」

・マイナンバーカードも通知カードもない場合

 

  →「個人番号が記載された住民票の写し」と「本人確認書類のコピー」



【必要書類確認表】
 

 

マイナンバーカードを

持っている人

通知カードを

持っている人

マイナンバーカード、

通知カードの

どちらも無い人

マイナンバー確認用

マイナンバーカードの裏のコピー

通知カードのコピー

マイナンバーが記載された住民票の写し

本人

確認用

マイナンバーカードの表のコピー

 

次のうちいずれかのコピーを1点

・運転免許証

・旅券(パスポート)

・写真付き本人確認書類 ※1

 

(上記が無い場合)

次のうちいずれかのコピーを2点

・健康保険の被保険者証

・国民年金手帳

・写真なし本人確認書類 ※2

 

次のうちいずれかのコピーを1点

・運転免許証

・旅券(パスポート)

・写真付き本人確認書類 ※1

 

(上記が無い場合)

次のうちいずれかのコピーを2点

・健康保険の被保険者証

・国民年金手帳

・写真なし本人確認書類 ※2

 

1「写真付き本人確認書類」とは、通知カードに記載された氏名及び出生の年月日又は住所が記載され、かつ、本人の写真の表示が施されたものを指します。(写真入りの学生証・社員証・資格証明書など)。

2「写真なし本人確認書類」とは、本人の写真の表示のない身分証明書等で、通知カードに記載された氏名及び出生の年月日又は住所が記載されているものです。(写真のない学生証・社員証・資格証明書など)。

なお、本人確認(マイナンバー確認+本人確認)ができない場合、受付できないこともございますのでご注意ください。


 

 

提出済みの申告特例申請書の内容に変更があった場合

 申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに、「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を三郷市に提出してください。

※寄附に関する情報が、寄附をした翌年の1月1日に寄附者が住んでいる市区町村に正しく通知されないと、ふるさと納税ワンストップ特例が受けられなくなりますので、変更があった場合は、必ず変更届出書を提出してください。

 「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」


ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けた場合の税額控除

 所得税からの還付は発生せず、個人住民税から確定申告を行った場合と同額が控除されます(寄附を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます)。

ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けるかたは、所得税の軽減相当額を含めて、個人住民税からまとめて控除されます。


 

~お問い合わせについて~

 三郷市へのふるさと納税、ワンストップ特例のための申請書・申請事項変更届出書の提出については、三郷市役所財務部財務課管財係(048-930-7766)までお問い合わせください。

 ワンストップ特例による税額控除などの寄附金控除に関する具体的なご相談については、税額控除の手続きを行うこととなる市区町村(寄附をした年の翌年の1月1日にご住所のある市区町村)の税務担当課へお問い合わせください。

 三郷市の場合は、三郷市役所財務部市民税課市民税係(048-930-7706)までお問い合わせください。

 

総務省「ふるさと納税ポータルサイト」