熱中症にご注意ください!!

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
急に気温が上昇しました。
熱中症にご注意ください!!


熱中症とは・・・暑い環境にいることで、体内の水分や塩分のバランスがくずれ、 体温の調整が出来なくなることで起こります。重い場合は命にかかわることもある危険な病気です。かいつぶ水飲み
 
【熱中症を引き起こす条件】
環境 :気温・湿度が高い、風が弱い、日差しが強い
からだ:激しい運動や労働で体内に著しい熱が産生される。
    暑い環境にからだが充分に対応できていない。

 【熱中症の危険信号】
体温が高い、赤い・熱い・乾いた皮膚(全く汗をかかない、触るととても熱い)、ズキンズキンする頭痛、めまい、吐き気、意識の障害(応答が異常、呼びかけに反応がないなど)

高齢者・子どもは特に気をつけましょう。
<高齢者>

 高齢者は温度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあります。室内に温度計を置き、こまめに水分を補給することを心掛けましょう。
<子ども>
 幼児は体温調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。晴れた日には、地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人以上に暑い環境にいます。
また、車内は短時間で高温になるため、絶対に乳幼児を車内に置き去りにしてはいけません。
 その他、持病のある人、体調が悪い人、肥満の人、暑さに慣れていない人は注意が必要です。

 

★体が気温の上昇に慣れていないこの時期は、特に熱中症になる危険性が高くなっています。十分注意してください。
★新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。このような「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは以下のとおりです。


(1)暑さを避けましょう
・感染症予防のため、換気扇や窓の開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整

(2)適宜マスクをはずしましょう
・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす

(3)こまめに水分補給をしましょう
・のどが渇く前に水分補給
・1日あたり1.2リットルを目安に
・大量に汗をかいた時は塩分摂取も忘れずに

(4)日頃から健康管理をしましょう
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養

(5)暑さに備えた体作りをしましょう
・暑くなり始めの時期から適度に運動を
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

▼詳細はこちら

https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_leaflet.pdf(環境省・厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動」)



★市内の熱中症予防協力店・協力施設をご活用ください!
厳しい暑さの中、市内に外出した際に冷房の入った涼しい室内でひと休みする場所として、熱中症予防協力店・協力施設を利用することが出来ます。
暑さや日差しから一時的に身を守り、熱中症を予防する為にご利用ください。

https://www.city.misato.lg.jp/6971.htm


ポスターやのぼり端が
協力店・協力施設の目印です


旗 ポスター

【リンク】
埼玉県 熱中症を予防しましょう
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/netsuchusyo/index.html
環境省熱中症予防情報サイト 気象庁 熱中症に注意 
http://www.wbgt.env.go.jp/
暑さ指数(WBGT)
http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php
環境省熱中症環境保健マニュアル
https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/manual/heatillness_manual_full.pdf

 

健康推進課 健康づくり係 (直通)930-7771