要介護認定申請について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

要介護認定申請

 介護保険のサービスを利用するには、要介護認定申請が必要です。介護や
支援が必要な状態になったときは、本人や家族が三郷市健康福祉会館にある
長寿いきがい課、またはお住まいの地域ごとの包括支援センターに申請をし
てください。
       各地域ごとの担当包括支援センターはこちら

 申請の際には、介護保険被保険者証(40歳から64歳までの方は
健康保険被保険者証)をご持参ください。
 申請は指定居宅介護支援事業者などに代行してもらうこともできます。
  
 なお、申請書は、このホームページからダウンロードすることもできます。
    ○ 介護保険 要介護認定・要支援認定申請書(pdf.240KB)
                 介護保険 要介護認定・要支援認定申請書 (記入例) (pdf.282KB) 
            ○ 要介護認定・要支援認定申請情報確認票(pdf.96KB)
            ○ 申請取下届様式    
    ○ 介護保険要介護(要支援)認定情報・関係資料提供申出書 
 ※更新申請について

   すでに要介護(要支援)認定を受けている方が、有効期間終了後も
  引き続き介護保険によるサービスの利用を希望する場合は、更新申請
  が必要です。更新申請は、有効期間終了の60日前からできます。更新
  申請をして認定を受けないと、引き続き介護保険によるサービスを利
  用することができませんのでご注意ください。
   なお、三郷市では、対象となる方へ更新のお知らせをお送りしてい
  ますので、更新を希望する方はお早めにお手続きください。

 ※区分変更申請について

   要介護(要支援)認定を受けている方で、有効期間内に心身の状態
  が変化し、認定の見直しが必要と思われる場合は、区分変更申請をす
  ることができます。

 

要介護認定とは

 介護サービスを利用するに当たって、利用者の心身の状態により介護が
必要かどうか、どの程度の介護が必要かなど、介護の必要度を判定するも
のです。
 保健・医療・福祉の専門家で構成される介護認定審査会で、訪問調査に
よる調査項目をコンピューター処理した一次判定結果と、主治医意見書、
訪問調査による特記事項などを基に、介護の必要性を審査判定し、要介護
度を決めます(二次判定)。

 なお、申請から認定までの期間は、概ね30日かかります。

 

要介護(要支援)認定区分

区 分

心  身  の  状  態  例

利用できるサービス

要支援1

生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。

「在宅サービス(介護予防サービス)」が利用できます。

(施設サービスは利用できません)

 

要支援2

生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。

要介護1

心身の状態が安定していないか、認知症等により部分的な介護を要する状態で、基本的な日常生活や身の回りの世話などに一部介助が必要。立ち上がりなどに支えが必要。

「在宅サービス(介護サービス)」または「施設サービス」が利用できます。

要介護2

食事や排せつに介助が必要なことがあり、身の回りの世話全般に介助が必要。立ち上がりや歩行に支えが必要。など

要介護3

排せつや身の回りの世話、立ち上がり等が自分でできない。歩行が自分でできないことがある。など

要介護4

排せつや身の回りの世話、立ち上がり等がほとんどできない。歩行が自分でできない。問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。など

要介護5

食事や排せつ、身の回りの世話、立ち上がりや歩行等がほとんどできない。問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。など

 

非該当

(自立)

要支援や要介護という状態には至っていない。

介護予防・生活支援を利用できます。