医療機関にかかるとき(市内・市外)について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
市内の医療機関にかかるとき・・・
 窓口払い不要
 三郷市こども医療費受給資格証と健康保険証を持参し、医療機関に提示して受診してください(受給資格証は必ず毎回提示してください)。受給資格証を提示せずに受診された場合は、窓口のお支払いが必要になります。その場合の申請方法は、市外の医療機関で受診された場合と同一になります。

 ※保険診療分の医療費が医療機関、入院・通院ごとに1ヶ月21,000円以上かかった場合、窓口にて保険診療一部
  負担金の全額支払いが必要となります。
 ※治療用コルセットや弱視による治療用メガネを作成した場合、窓口払いが発生します。この場合の医療費申請には
  領収書の他、以下の資料が必要となります。
   ・医師による診断書
   ・加入されている健康保険からの支給決定通知書
  これらを用意し、市外で受診された場合の申請方法により、申請してください。

市外の医療機関にかかるとき・・・

 窓口払い必要
 一旦窓口で医療費を支払っていただき、後日、次の方法で申請していただいたものについて、こども医療費受給資格登録申請時に提出していただいた口座に振り込まれます(原則毎月20日払い)。
 ・こども医療費支給申請書を記入し、領収書の原本を添えて申請してください。(記入の際、こども医療費受給資格証
  と対象児童の健康保険証をご用意ください。)

   □こども医療費支給申請書(PDF:ダウンロード★医療費支給申請書

 ※申請書は医療機関ごと、診療月ごと、入院・外来別に1枚ずつ必要です。
 ※通常、申請した翌月の20日に登録された口座へ振り込みます。(20日が土曜・日曜・祝日にあたる場合は、
  直前の営業日となります。)
 ※診療を受けた翌月以降に、申請してください。


支給申請書の受付場所

 ・市役所 子ども支援課(健康福祉会館3F)

 ※下記の場所でも支給申請書を預かります。(後日、子ども支援課に届けられます。)
 ・市役所 市民課
 ・みさと団地出張所


市内の医療機関(接骨院・整骨院他)の方へ
  こども医療費の現物給付(窓口支払なし)分を請求する場合の「医療費請求書」の様式です。
  (医療機関専用の様式です。一般の方は使用できません)

  ○こども医療費請求書(医療機関等専用) 〈Excel・記入例〉