よくある質問と適正受診について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
よくある質問
Q1 平日に市役所で登録手続きができない場合はどのようにすればよいか?
  →郵送にて受付いたします。支給申請手続きも同様に郵送で受付いたします。

Q2 医療費支給申請書に添付する領収書はコピーでもよいか?
  →コピーでは受付できません。原則、原本を添付していただきます。

Q3 保険証を持たずに受診した10割負担分の医療費は申請できるか?
  →以下のお手続きをしていただければ可能です。
    まず、加入されている保険者(保険証発行元)にて、本来の保険負担分を清算する
   お手続きを行ってください。その後、こども医療費支給申請書を記入し、支払い決定
   通知書と領収書を添付し、子ども支援課に申請してください。
    あるいは、受診した医療機関で保険適用になるように清算をし直してください。
   その後、こども医療費支給申請書を記入し、正しく清算のされた領収書を添付し、
   子ども支援課に申請してください。

Q4 医療費助成の振込金額明細等は送られてきますか?
  →医療費助成の振込予定日の前日に、医療費交付決定通知書を発送いたします。

適正受診について

 ハシゴ受診はやめましょう
   医療費が増加するだけでなく、同じ注射や投薬を受けるなど、体に悪い影響を与える
  場合があります。

 薬のもらいすぎや飲み合わせに注意しましょう
  薬の飲み方については、医師や薬剤師の指示に従いましょう。

 休日や夜間の受診は(緊急の場合などを除き)控えましょう
  急病などやむを得ない場合以外には、平日の診療時間内に受診することを心がけましょう。
 休日や夜間に空いている救急医療機関は、緊急を要する重症な患者さんのためのものです。
 また、一時的な応急処置のみというケースが多く、適切な処置を受けることができない可能
 性があります。割増料金もかかり、医療費の増加にも繋がります。