『みまもりカード』を配布しています

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
 高齢者が、外出先で緊急事態(急病、事故、災害など)に遭ったとき、救急隊や周りの人に必要な情報を伝えるために役に立つ『みまもりカード』を作成しました。

 急病で意識を失ったとき、声を出すことができないとき、記憶障害があり自分や家族のことを周りの人に伝えられない、などのときに備え、このカードを普段持ち歩くことが多いもの(財布、カバンなど)に入れておくと便利です。
 なおご自宅では、より詳細な情報が記載できる「救急医療情報キット要申請」をご利用ください。自宅用は救急医療情報キット、外出時はみまもりカード、と組み合わせると良い効果が期待されます。


利用前の注意(必ずお読みください
・このカードを所持していること自体で、市が何かの名簿に登録することはありません。ただし、このカードは、様々な立場の人が見る可能性がありますので、あくまでも「ご自身の判断で所持・利用するものである」という点をご了解いただけるかたのみお使いください。
かかりつけの病院、病名など、書かれている内容が変わったときは、すみやかにその部分を書き直すか、新しく作り直してください。(カードが古い情報のままだと、緊急時に誤った情報を周りに伝えてしまうおそれがあります

みまもりカード

ダウンロード
(PDF形式)

みまもりカードの記入例

 ダウンロード
(PDF形式)

 

主な対象(三郷市内にお住まいの高齢者のうち、以下のような心配があるかた)

・緊急時に周りの人に伝えなければならない持病等がある 
・ひとり暮らしで、緊急時に不安がある
・家族と同居しているが、一人で過ごす時間が長い
・外出時に不安がある持病や障害等がある
・認知症等により徘徊行動がある

障がい者のかたは、「ヘルプカード」もご参考ください。

利用料・申込み

 利用料    無料    
 申込み    不要 

つくりかた

1.このホームページ中段付近にある『みまもりカード』をダウンロードし、印刷します。
2.『みまもりカードの記入例』を参考に、消えにくいペンを使いできるだけ詳しく記入します。
3.カードを台紙から切り離します。※刃物を使う時はケガに十分ご注意ください。
4.切り離したカードの台紙最下段にある「カードの作り方」に従い、カードを作ります。
5.完成