小中学生の活躍

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

全国家読ゆうびんコンクール募集開始!


「全国家読ゆうびんコンクール」が、いよいよ始まりました。

たくさんの応募をお待ちしています。

 Book 応募要項はこちら。
 

 

 

日本一の読書のまち三郷展(学校紹介パネル展)開催!


 場所 ららほっとみさと(ららぽーと新三郷1F)
 期間 平成30年11月21日(水)~28日(木)

 各校の特色ある読書活動の取組をぜひ、ご覧ください!

 お待ちしています。

 10月22日(月)まで、ららぽーと新三郷1F・島村楽器前にて「三郷市小・中学校展」を開催しています。
 市内小・中学校の1年間をパネルにて紹介しています。
 ぜひ、ご覧ください。

2018年10月12日



 高州東小学校にて「朝ごはんをつくってみよう」という授業が行われました。
 この授業には、本市の管理栄養士の方をお招きし、手軽で簡単にできるメニューを紹介していただきました。また、朝食の大切さについての講話も聞き、児童の皆さんは真剣に、そして楽しく学習することができました。

 ちなみに今回のレシピは、三郷市で作成した「ぱぱっと簡単!幸せ朝ごはん」を活用したものです。興味がわいた方はぜひ、そちらもご覧ください。

2018年9月18日



 12日(水)、栄中学校にて「髙野進先生に学ぼう!ランニング教室」が開催されました。
 このプログラムは、400m走の日本記録保持者で、オリンピックに3回出場経験のある髙野進氏(東海大学体育学部教授)による、中学生を対象にしたた体育の特別教室です。
 今回の授業では、栄中学校の2年生を対象に、髙野氏のエッセイ『動いて、考えて、また動く 』(小学校4年国語の教科書・光村図書に掲載)をベースに、授業を3パートに分けて進めてくださいました。ウォーミングアップおよび自分の走りを知る第1部、「走りの謎を探る」をテーマに人間と走ることの歴史、速さの秘密などについての講義や走りの動画分析を紹介する第2部、再び実践する第3部と、生徒自らが目標設定をしながら、走ることの楽しさや奥深さを学ぶことができました。
 走ることを真剣に考えると、とても奥深く、そしてとても楽しいものです。運動の魅力をまた違った面から考えることのできる、とてもよい機会になりましたね。

2018年9月18日


 25日(土)、県民健康センター大ホールにて、平成30年度未来を担う私たちの主張・青少年の主張大会が行われました。
 発表者15名のうち、三郷市からは5人もの小・中学生が参加をし、熱い主張を発表してくれました。
 きっと、夏休みの間も一生懸命に練習したのでしょう。一人一人が堂々と、そして落ち着いた表情で自分の思いを発表してくれました。

 ここで行った発表は、11月18日開催の「子どもフォーラム」でもう一度、発表してくれます。思いのこもった、熱い発表をぜひお聞きください。

2018年8月25日

 昨年度は演奏やフラダンスなど、各学校の取組が大変盛り上がりました。

 今年度も小・中学生の素敵な発表をお楽しみください。

 詳細は以下のとおりです。ぜひ、ご覧ください。


 特色ある学校づくり重点校開校発表について

 

2018年8月24日


行田市・県立総合教育センターにて、中学生による「科学の甲子園ジュニア埼玉県大会」が開かれました。

毎年、三郷市からはたくさんのチームが参加をし、今年度は市内全校から174チームが参加をしました。

当日に行った実技、筆記競技ともに、どのチームも大変真剣に取り組む様子が見られました。

結果は、北中学校のチームが優秀賞・8位となりました。

チームで力を合わせて考え、科学の奥深さ、そしておもしろさに触れた一日になりましたね。


2018年8月20日

2018年8月6日 市内水泳大会開催!


 心配された天気もちょうどよい曇り空。幸房小学校にて、市内小学校水泳大会が盛大に行われました。 

 昨年度より、幸房小学校を会場にして合同で開催されることとなりました本大会。市内全19校の5、6年生代表選手が一堂に会しました。

  県内でも高い泳力を誇る三郷市児童にとって、あこがれとなっているのがこの水泳大会です。今年も子供達の全力の泳ぎで、会場が大いに沸きました。
 
 また、エキシビションとして競泳元日本代表、オリンピック選手の渡邉一樹選手がお見えになりました。児童を前に模範泳法を見せていただき、その凄さを目の当たりにすることができました。

 うれしさも、悔しさも、一生懸命に取り組んできた子供たちの大きな財産です。来年度も本気の泳ぎを期待しています。 

2018年8月6日

22日(日)におもしろ遊学館では「理科実験教室」が行われました。



夏休み中にも関わらず、大盛況のこの教室。講師は埼玉大学附属小学校の肥田幸則先生。

今回のテーマは「ふしぎな力で動くおもちゃをつくろう!」です。


磁石の力でくるくる回るおもちゃにみんな夢中。お皿を縦にしてみたり、逆さにしたりしながらその不思議さに感動している様子でした。

「なぜだろう?ふしぎだな?」が好奇心の入り口です。とてもよい体験ができましたね。








2018年7月22日

 本年度も始まる「社会を明るくする運動」。それに伴い、市役所内で出発式が行われました。

 当日は、「社会を明るくする運動 埼玉県作文コンテスト」で、埼玉県推進委員会委員長賞を受賞した児童による作文発表や、中学生らによる決意表明等がありました。


 当日は各校の校長先生方だけでなく、市長、教育長も参加されました。

これから、各中学校であいさつ運動が始まります。

市内各中学校から社会を明るくする運動を盛り上げていきましょう!

2018年7月10日



 現在、募集中の「全国家読ゆうびんコンクール」。

 市役所入り口前にも掲示物を設置しました。

 
 また、7月8日(日)まで、市民ギャラリー前に作品の展示もしています。昨年度入賞した素敵な作品が多数、掲示してありますので、ぜひ、ご覧下さい。

 市内だけでなく、市外・県外にも広がっている家読ゆうびん。

 応募をお待ちしています!

2018年7月2日