小中学生の活躍

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 本日、7日(金)から、ららほっと新三郷にて「三郷市小・中学校 書きぞめ展」が開催されます。

 期間は、以下のとおりです。

  前期:令和2年2月7日(金)~12日(水)

  後期:令和2年2月13日(木)~18日(火)

 ぜひ、ご覧ください。よろしくお願いいたします。

2020年2月7日

 25日、「三郷市読書ウィーク」の締めくくりとして、「第13回三郷市読書フェスティバル」が文化会館・小ホールにて行われました。

 

 オープニングは新和小学校による「言葉の力」「Best Friend」の合唱。素晴らしい歌声に、会場が感動で包まれました。

 新和小学校の皆さん、ありがとうございました。

 

 全国家読ゆうびんコンクール表彰式では今年度、木津市長がギリシャに届けた「読書ゆうびん」の紹介があり、翻訳等で架け橋となってくださった新井ご夫妻にインタビューを行いました。

 入賞した作品もそれぞれが想いのこもった素晴らしいものばかり。今年度は栃木県さくら市、佐賀県伊万里市と、遠方からもご出席いただきました。

 

 また、今年度初の取組として、中学生代表生徒によるパネルディスカッションを行いました。

 テーマを「私の転機の一冊」とし、中学生ならではの豊かな感性と、その深い考えに「この後、すぐに読んでみたくなりました」というご感想をたくさんいただきました。

 好評は「日本一の読書のまち三郷応援団長」である柳田邦男先生。全体の講評に加え、家読ゆうびんコンクール特別賞作品についてもお話をいただきました。

 これからも「日本一の読書のまち三郷」として、読書活動に積極的に取り組んでいきます。

2020年1月25日

2020年1月15日 消防出初め式

 12日、三郷市文化会館にて消防出初式が行われました。

 小・中学校からも参加をし、丹後小・彦糸中の演奏発表や、新和小・栄中の心肺蘇生のデモンストレーションなど、盛りだくさんの内容となりました。

 今年も事故の無い、よい一年となりますように。

2020年1月15日

 30日、ららぽーと新三郷・スカイガーデンにて「特色ある学校づくり 重点公開校発表会」が行われました。

 ダンスや合奏など、各校の魅力ある取組をいらっしゃった皆さんに見ていただき、大きな拍手をいただきました。

2019年12月2日

 27日、「日本一の読書のまち三郷」をリードする彦郷小学校に埼玉県議会議員の皆様が読書活動の視察にいらっしゃいました。

 子供たちの読書標語の発表や、貸し出しに混み合う図書館など、読書好きな彦郷小学校の皆さんの姿を、実際にご覧いただきました。

 視察にいらっしゃった皆様からも、お褒めの言葉をたくさんいただきました。

2019年11月27日

 25日、彦糸小学校にて第6回全国小学校ラジオ体操コンクールの表彰式がありました。

 彦糸小学校は今年度、全国コンクールにて銅賞に輝きました。

 当日は出前講師として体操指導の鈴木大輔様、ピアノ演奏の能條貴大様、アシスタント吉江晴菜様などによるラジオ体操の指導や記念撮影などがありました。

 彦糸小学校の皆さん、おめでとうございます。

2019年11月26日

 三郷モラロジー事務所主催の「家族のきずなエッセイ」表彰式が鷹野文化センターで行われました。

 どの作品も心あたたまる作品ばかりで、作文の紹介では、会場内に多くの感動を呼びました。

2019年11月25日

 

 11月22日、市役所7F 大会議室にて、中学生の税に関する標語・作文入選者表彰式が行われました。

 当日は表彰のほか、作文の発表もありました。税に関する理解が伺うことのできる、素晴らしい作品が多数ありました。

 おめでとうございます。

2019年11月25日

 「日本一の読書のまち三郷」として市内小・中学校で取り組んでいる「家読ゆうびん」ですが、今年度は三郷のホストタウンであるギリシャ共和国との交流に活用しています。

 ギリシャに関わりのある本を読み、ギリシャに贈る「読書ゆうびん」を丹後小・彦成中の児童生徒の皆さんが取り組んでくれました。

 当日はギリシャに訪問をする木津市長にそれぞれの作品を渡し、また、ビデオレターも作成しました。

 ギリシャの皆さんも、きっと喜んでくれることでしょう。

 届くのが楽しみですね。

2019年11月22日

 19~20日、早稲田中学校において、JOCオリンピック教室が開催されました。

 講師としていらっしゃいましたのは

 ・野村 智宏 先生【陸上競技・アトランタ大会 走高跳出場】

 ・髙橋 成美 先生【フィギアスケート・ソチ大会 団体5位、ペア18位】

 ・田島 寧子 先生【水泳/競泳シ・ドニー大会 400m個人メドレー 銀メダル】

 です。

 オリンピアンならではの様々な経験を通して「オリンピズム」や「オリンピックの価値」等を実技、講義をとおして教えていただきました。

 

2019年11月20日