日本脳炎予防接種の特例について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年から平成21年まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。(いわゆる「積極的勧奨の差し控え」 ※中止ではありません)
 その後新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。このため、日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃しているかたで次の対象者にあたるかたは、母子健康手帳などをご確認いただくとともに、接種を受けていただくようお願いします。
 
【対象者及び接種期間】
①平成7年4月2日~平成19年4月1日までの間に生まれたかた(20歳未満のかた)
 接種期間:20歳未満の間
      (ただし、2期の接種は9歳以上20歳未満の間)

②平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれのかた
 
接種期間:9歳以上13歳未満
       7歳6か月未満までに、1期(3回)の接種を終了できなかったかたは、残りの回数を2期の対象年齢        (9歳以上13歳未満)の間に接種をすることができます。

【接種間隔】
・過去に1~2回接種を受けたかた
 
第1期(初回2回、追加1回)の不足分(1~2回)を6日以上の間隔をおいて接種。第2期は9歳以上で第1期接種終了後、6日以上の間隔をおいて接種。

・過去に3回接種を受けたかた(第1期接種終了)
 
第2期は9歳以上で第1期接種終了後、6日以上の間隔をおいて接種。

・全く受けていないかた
 
6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をおいて第1期初回(2回)を接種し、初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に第1期追加(1回)を接種。第2期は9歳以上で第1期接種終了後、6日以上の間隔をおいて接種。

※法令の規定では、上記の時期に接種可能とされていますが、第1期の接種を3回受けた人は、最後の接種からおおむね5~10年毎に1回接種することで脳炎の発症を予防することが可能なレベルの抗体が維持されることが期待されますので、接種時期はこれらを総合的に勘案して実施することが望まれます。


☆「日本脳炎予防接種同意書」について
 通常、お子さんの予防接種には保護者の同伴が必要となっていますが、日本脳炎の予防接種に限り13歳以上20歳未満で、予防接種当日に保護者の同伴が不可能な場合には、「日本脳炎予防接種同意書」に保護者自らが署名することで、保護者の同伴がなくても13歳以上のお子さんは日本脳炎の予防接種を受けることができます。 
「日本脳炎予防接種同意書」にある説明をよく読み、予防接種の効果・目的、重篤な副反応の可能性、予防接種健康被害救済制度などについて理解したうえでご記入ください。
  接種日に、被接種者が医療機関に提出してください。

▷日本脳炎予防接種同意書


【関連情報】
日本脳炎(厚生労働省)
日本脳炎ワクチン接種に関するQ&A