水銀の貯蔵と管理について(処理業者様へ)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 1水銀等の貯蔵に関する報告について

(1)報告の対象

 以下の水銀及び水銀化合物、またそれらの混合物(水銀又は水銀化合物の含有量が全重量の95%以上であるもの)で、当該年度において事業所で貯蔵した最大量が30kg以上のものが対象です。(ただし、水銀含有再生資源及び廃棄物処理法上の廃棄物に該当するものを除きます。)

・水銀(水銀以外の金属との合金に含まれる場合を含みます。)

・塩化第一水銀

・酸化第二水銀

・硫酸第二水銀

・硝酸第二水銀及び硝酸第二水銀水和物

・硫化水銀(辰砂に含まれるものを含みます。辰砂は含有する硫化水銀の量が30kg以上の場合です。)

 

(2)貯蔵に関する報告が求められる事項

 参照:http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/yousiki5-2.doc

 

2水銀含有再生資源の管理に関する報告

(1)報告の対象

 水銀等又はこれらを含有する物(特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律第2条第1項第1号イに規定する物(平成10年環境庁・厚生省・通商産業省告示第一号)別表第3第27号に掲げるものに限ります。)であって、バーゼル条約附属書IVBに掲げる処分作業がされ、又はその処分作業が意図されているもの(廃棄物処理法第2条第1項に規定する廃棄物並びに放射性物質及びこれによって汚染された物を除く。)のうち有用なものが対象です。

 対象物質については、「水銀による環境の汚染の防止に関する法律に基づく水銀含有再生資源の管理に関するガイドラインVer 1.1」を参照してください。

 

・ガイドラインURLhttp://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/saisei_gl-1.pdf

 

(2)管理に関する報告が求められる事項

 参照:http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/yousiki6-2.doc

 

3提出期間

 毎年度4月1日から6月30日までの間です。

(提出する水銀等の貯蔵又は水銀含有再生資源の管理に関する報告書に記入する報告事項については、前年度の4月1日から3月31日までの1年間の内容が対象です。ただし、今年度の報告対象である平成29年度については、制度施行初年度であるため、水銀汚染防止法施行日の平成29年8月16日から平成30年3月31日までの期間が報告の対象になります。)

 

4提出方法(廃棄物処理業に限る)

 水銀等の貯蔵又は水銀含有再生資源の管理に関する報告は、書面により以下の提出先に持参又は送付してください。

 

 提出先:環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課特別廃棄物調査係

     東京都千代田区霞が関1-2-2

 

 なお、報告書の作成に際しては、以下の環境省ホームページをご確認願います。

・水銀による環境の汚染の防止に関する法律に基づく水銀等の貯蔵に関するガイドラインVer1.1(平成30年4月環境省大臣官房環境保健部環境保健企画管理課水銀対策推進室・経済産業省製造産業局化学物質管理課)

http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/tyozo_gl-1.pdf

 

・水銀等の貯蔵に係る報告様式(様式、別紙1,別紙2)

http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/yousiki5-2.doc

 

・水銀による環境の汚染の防止に関する法律に基づく水銀含有再生資源の管理に関するガイドラインVer1.1(平成30年4月環境省大臣官房環境保健部環境保健企画管理課水銀対策推進室・経済産業省製造産業局化学物質管理課)

http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/saisei_gl-1.pdf

 

・水銀含有再生資源の管理に係る報告様式(様式、別紙1,別紙2)

http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law/yousiki6-2.doc