『WARM BIZ』(ウォームビズ)始めませんか?

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

『WARM BIZ』(ウォームビズ)とは

ウォームビズとは、環境省が提唱している「暖房時の室温を20℃設定」し、
快適に過ごすライフスタイル等のことをいいます。暖房に必要なエネルギー使用量を
削減することによって、CO2の発生を削減し地球温暖化を防止することが目的です。

実施期間 11月1日(金)~3月31日(火)

電力による冷暖房を行う場合、室温設定の調節による省エネ効果は、夏よりも冬のほうが大きいといわれています。
冬の暖房使用時の室温設定を今までよりも下げれば、CO2削減効果だけではなく、電気代を効果的に節約することに
つながります。ウォームビズは、家庭やオフィスにとって経済的なメリットもあります!



冬を快適に過ごすひと工夫【衣】

■首、手首、足首の「三つの首」をあたためましょう
 ・マフラー、手袋、レッグウォーマーを活用
 ・お風呂上がりには一枚多く羽織り、寝るときも、首にタオルであたたかく
■「素材」に着目し、おしゃれにあたたまりましょう
 ・軽くて薄い腹巻など、機能性素材の下着
 ・セーターなど上に羽織るものは機能性素材を選んで着ぶくれ防止
■ひざ掛けやストールを活用しましょう
 ・ひざ掛けでこまめな体温調節、ストールはひざ掛け代わりにも

冬を快適に過ごすひと工夫【食】

■「鍋料理」でからだも室内もあたためましょう
 ・家族や友達と集まって鍋を楽しみながら、からだも室内もあたたかくして、暖房を緩和
 ・鍋からの湯気による加湿効果で体感温度がさらに上昇
 ・一部屋に集まって他の部屋の暖房や照明はオフ
 ・冬が旬のもの、根菜類、しょうがなど、体をあたためる食材にもこだわりを
  ☆ご当地鍋レシピはこちら(環境省) 

冬を快適に過ごすひと工夫【住】

■湿度を意識し、体感温度を上げましょう
 ・温度計、湿度計を近くに置いて室内環境を「見える化」
■窓やドアに注目しましょう
 ・窓は断熱シート、複層ガラス、二重サッシなどを活用
■「道具」や「小物」で暖房に頼りすぎない工夫をしましょう
 ・湯たんぽ、毛足の長いスリッパやクッションなどを効果的に活用

冬を快適に過ごすひと工夫【その他】

■入浴でからだも心もあたためる
 日本人の大好きなお風呂は冬を快適にするために最も実感しやすい方法です。
 入浴でからだを芯からあたためて、冷めにくくするには20分ほどの時間をかけて、
 38~39℃程度のぬるめのお湯に半身だけつかることが効果的です。
 
■通勤、通学で一駅分を歩いたり、3階程度なら階段を使うことで体温上昇にも健康にも効果的
 いつもより多く動くことで体温上昇がはかれます。新陳代謝が活発になり、血行も良くなります。
 寒さを逆に利用して、日頃の運動不足も解消しましょう。

関連リンク

『WARM BIZ』(ウォームビズ)について ← 詳しくはこちら
「COOL CHOICE」(クールチョイス)について ← 詳しくはこちら