成人男性への風しんの抗体検査と定期予防接種

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象とした風しん抗体検査及び風しんの第5期定期予防接種が実施されます
 国は風しんの追加的対策として、2022年3月31日までの間に限り、公的な接種を受ける機会のなかった世代の男性を対象に抗体検査及び予防接種を実施する取り組みを行います。
 昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性に対して、風しんの抗体検査を実施し、抗体検査の結果、「十分な量の風しんの抗体がないことが判明したかた」が、風しんの第5期定期予防接種の対象となります。

対象者

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性


※2018年夏頃から、風しんの患者数が増加しており、患者の中心が30歳代から50歳代の男性でした。このうち、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、これまでの制度の変換上風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった世代であり、この世代の男性は抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。よって、この世代の男性に対して、公的な予防接種を受ける機会を設けることになりました。

 

平成31年度のクーポン券発送対象者

昭和47年(1972年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性
 
※国の方針で、医療機関等の混乱を避ける意味もあり、平成31年度の発送対象者の世代は、対象者の中ではより若年層のかたの患者発生数が多いことから、発送対象者となっています。

※平成31年度クーポン券発送対象者以外の対象者(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性)のかたは、市へご連絡いただければ、随時、クーポン券を発送させていただきます。


☆市からのクーポン券発送時期について☆
発送対象者のかたには、追ってご案内させていただきます。


実施期間

平成31年4月1日から平成34年(2022年)3月31日まで


抗体検査について

【必要書類】
・クーポン券  ・本人確認書類(運転免許証等)

【実施場所】
本事業に参加している全国の医療機関等
※本事業に参加している全国の医療機関等のリストについては、厚生労働省ホームページに掲載予定です。

●過去に抗体検査を受検したことがあるかた●
 平成26年4月以降に、抗体検査を受検して陰性との記録があるかたで、検査以降に、風しんの予防接種を受けなかったかたは、抗体検査をせずに予防接種を受けることができます。


風しんの第5期定期予防接種

抗体検査の結果、「十分な量の風しんの抗体がない」と判断されたかたが風しんの第5期定期予防接種の対象となります。

【必要書類】
・クーポン券 ・抗体検査の結果 ・本人確認書類(運転免許証等)

【実施場所】
本事業に参加している全国の医療機関等
※本事業に参加している全国の医療機関等のリストについては、厚生労働省ホームページに掲載予定です。

●注意事項●
予防接種を受ける場合は、医療機関に予約をしましょう。また、ワクチンの在庫状況によってはすぐに接種ができない場合がありますので、事前に接種を行う医療機関に確認をしてください。

【接種するワクチン】
乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン




≪関連する記事≫



◎定期予防接種の対象者以外のかたで、風しんの予防接種を希望されるかたは、市では任意予防接種助成対象となるかたもいます。平成31年度からは、対象者等に変更があります。詳細は、4月1日以降のホームページに掲載いたします。



●抗体検査および風しんの第5期定期予防接種について、最新の情報がわかり次第、随時、ホームページの更新をさせていただきます。