ホストタウン事業(令和元年度)

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替
ギリシャ語の特別授業を開催しました。

ギリシャ語の第一人者である、共立女子大学 木戸雅子教授を特別講師としてお招きし、
彦成中学校2年生に対し、ギリシャ語の特別講座を開催しました。
生徒は、令和元年6月14日(金)、21日(金)、28日(金)の計3回の授業で、
木戸教授からギリシャ語に加え、ギリシャの歴史や文化についても学びました。
最終日には、三郷市が誘致している陸上競技連盟の選手に向けたメッセージカードを作成しました。
生徒は慣れないギリシャ語に四苦八苦しながらも、ギリシャに対する興味を深めていました。

   






文化交流プログラム

 ギリシャ共和国とのホストタウン交流事業として、
平成29年度から平成31年度(令和元年度)までの3年間、市内小中学校全27校で実施しています。
各学校に駐日ギリシャ大使館職員をお招きし、
「ギリシャ共和国の文化・歴史、オリンピックの歴史」等について学びます。

今年度は、4月19日~5月13日にかけて9校で実施しています。

 4月24日(水)の丹後小学校においては、特別に駐日ギリシャ大使夫人をお招きし、
講演の後は、大使夫人を市長、児童が囲い、ギリシャ料理風の給食を皆でおいしく給食を食べました。

大使夫人からは「子どもたちと交流ができてとても良かった。楽しくて帰りたくないくらい。」
といった感想をいただきました。