特定外来生物について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

外来生物法とは

正式には、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」という名称で、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を防止することを目的としています。

外来生物法(環境省HP)
外来生物法の概要(埼玉県HP)

特定外来生物とは

もともと日本にいなかった外来生物のうち、生態系などに被害を及ぼすものを特定外来生物として指定し、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入が原則として禁止されています。
※学術研究、展示などの目的で特定外来生物を飼養等したい方は、関東地方環境事務所長の許可が必要です。

特定外来生物の駆除は、鳥獣保護管理法で捕獲が規制されている哺乳類と鳥類を除いて、誰もが自由に行うことができます。
特定外来生物の種類については以下のリンクから確認できます。
特定外来生物等一覧(環境省HP)

以下の特定外来生物を市内で目撃した場合は、市にご連絡下さい。

アコーディオン全表示切替

アライグマ

カミツキガメ

クビアカツヤカミキリ

ヒアリ

外来生物被害予防3原則

1 入れない むやみに日本国内に入れない。
2 捨てない 飼っている外来生物を野外に捨てない。
3 拡げない 野外にすでにいる外来生物をほかの地域に拡げない。

野生動物との付き合い方

野生動物は様々な雑菌等を保有していることがあります。可愛いからと手を出すと、かみつかれたり引っかかれたりしてケガや感染症を発症する恐れがあります。
 
また、不適切な生ごみの処理や収穫残渣の放置を含め、鳥獣への餌付けは、人の与える食べ物への依存、人馴れが進むこと等による人身被害及び農作物被害等の誘因となってしまいます。

野生動物への過度な接触や、安易な餌付けは控えていただくようお願いいたします。