共催・後援申請について

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

 三郷市教育委員会では、教育委員会以外の団体が実施する「教育、文化、スポーツ等に関する事業」に対して、共催または後援を承認していますので、手続き等についてお知らせします。

 

〇共催

 行事の企画又は運営に参加し、共同主催者として責任の一部を分担すること

〇後援

 行事の趣旨に賛同し、その開催を援助すること

 

共催・後援の承認基準

三郷市教育委員会の方針に合致し、教育行政の推進に寄与すると認められる事業に対して承認します。

どのような基準で承認されるかは「三郷市教員委員会の共催及び後援に係る事務取扱要項」を参照してください。

三郷市教育委員会の共催及び後援に係る事務取扱要項

 

申請手続きの流れ

(1)三郷市教育委員会の共催または後援を希望する場合には、事業を実施する1か月前までに申請書を

   提出してください。(※受付は、教育委員会内の各担当課にて行います。)

   共催・後援申請書(PDF Word

   申請書には必ず以下の書類を添付してください

   ①主催者の概要が分かる書類(定款、会則、寄附行為など)

   ②役員その他事業関係者の住所、役職名が分かる書類

   ③事業の目的、計画、内容が分かる書類(予算書を含む)

         ④新型コロナウイルス感染防止対策の取り組み内容が分かる書類

 

   ※主催者の留意事項について

    政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」及び国が示した「今後の都道府県の対応について

   留意すべき事項」を踏まえた「埼玉県におけるイベント開催の一部緩和について(R2.5.28)」を参考に、

   新型コロナウイルス感染防止対策(下記留意事項に十分配慮した対策)をお願いいたします。

 

 記 

   ・徹底した感染防止策が実施されていること。

     例:入退場時の制限や誘導、待合場所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気等

   ・参加者の名簿を作成して連絡先等を把握しておくこと。

   ・参加者に、接触率の低減や感染の拡大防止に寄与するスマートフォンを活用した接触確認アプリ等を

    周知すること。

   ・イベントそのものがリスクの低い場で行われるとしても、イベントの前後や休憩時間等の交流の場で

    感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ、こうした交流等を極力控えることを呼びかけること。

 

 

(2)審査終了後、「共催・後援名義の使用承認通知書」または「共催・後援名義の使用不承認通知書」により、

   申請者に通知します。

   通知書の発送日は、申請書を受理した日から1~2週間程度となります。

   なお、承認した事業が申請書の内容に反するなど、共催・後援をすることが不適当であることが判明した時には

   承認を取り消します。

 

 

事業終了後の実施報告

事業の終了後は、直ちに「共催・後援報告書」を受付担当課に提出してください。

  共催・後援報告書(PDF Word

  報告書には必ず以下の書類を添付してください

  ①パンフレット、開催要領など

  ②事業の実施状況が分かる書類(決算書を含む)