社会を明るくする運動

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

社会を明るくする運動とは?

 罪を犯した人も、反省と償いを経て地域に帰ってきます。彼らが立ち直るために自ら努力することは当然ですが、地域の皆さんが偏見のまなざしを向けたりしてしまうことで居場所がなくなり、再び犯罪を重ねてしまうという「負のサイクル」があることも事実です。

 地域に帰ってきた人たちを励まし、居場所を提供することで、犯罪や非行から立ち直らせ、明るい社会を築くことにつながります。

 「社会を明るくする運動」は、すべての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちや非行をした少年たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動であり、法務省が主唱しています。

 皆さまも、罪を犯した人たちや非行をした少年たちの更生について理解を深め、犯罪や非行のない明るい社会を築くため、ともに行動しませんか?

三郷市での取り組み

 三郷市では、市長を委員長とする実行委員会を設置し、毎年7月の強調月間を中心に、中高生への啓発活動や、街頭での啓発活動等を行っています。