指定管理者制度

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

指定管理者制度とは

 地方自治法が改正され指定管理者制度が制定されるまでは、市の公の施設の管理は、市が直接行うほか、管理委託制度に基づき、市の出資法人、公共団体及び公共的団体だけにしか委託できませんでした。
   平成15年6月の地方自治法の改正(平成15年9月2日施行)により、管理委託制度が廃止され、指定管理者制度が創設されました。指定管理者制度を導入することにより、市の出資法人等のほか、民間事業者やNPO法人などの団体も、公の施設の管理を代行することが可能となり、サービスの向上と経費の縮減が期待できます。


  指定管理者制度導入施設

   28年度モニタリング結果(通期)

     平成28年度モニタリング結果(半期)

   平成27年度モニタリング結果(通期)

     平成27年度モニタリング結果(半期)

     平成26年度モニタリング結果(通期)

     平成26年度モニタリング結果(半期)

  平成25年度モニタリング結果(通期)
  
  平成25年度モニタリング結果(半期)

  平成24年度モニタリング結果(通期)

  平成24年度モニタリング結果(半期)

   平成23年度モニタリング結果(通期)

  平成23年度モニタリング結果(半期)

  平成22年度モニタリング結果(通期)

  平成22年度モニタリング結果(半期)