健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

脳脊髄液減少症について

○脳脊髄液減少症とは
 交通事故や転倒等大きな衝撃を体が受けることによって脳と脊髄を覆っている膜に穴があき、そこから脳脊髄液(髄液)が漏れだすことにより、頭痛やめまい、倦怠感、不眠、記憶障害等の症状を引き起こす病気とされています。
 医療機関や教育現場、一般社会での認知度が低く、周りの理解が得られず苦しい思いをされているかたも多くいらっしゃいます。

○脳脊髄液減少症の現状
 現在、この病気について明確な判断基準と有効な治療法が確立されておらず、平成19年度から厚生労働科学研究費補助金において、研究を実施しています。同研究の内容及び臨床研究参加施設等については、こちらのサイトをご参照ください。

○脳脊髄液減少症の情報
埼玉県 保健体育課 
埼玉県 医療整備課 
文部科学省 スポーツ・青少年局

○関係患者団体等へのリンク
脳脊髄液減少症・子ども支援チーム