健康推進課

サブメニュー表示
左領域先頭へ 切替

いのちを守る

 

たいとる

はじめに
 我が国の自殺者数は、平成10 年に前年から一挙に8,000人余り増加して3 万人を超え、平成23年まで14年連続して3万人を超える状態が続きました。平成24年に15年ぶりに3万人を下回ったものの、依然として欧米の先進諸国と比較して突出して高い水準にあります。
 三郷市では平成24年から平成26年までの平均の自殺者数が21.65人となっています。
 このような状況から、自殺の背景として関係性の深いうつ病を中心とした自殺予防についての理解を深めていただきたいと思い、情報発信をいたします。

うつ病について
 自殺とうつ病とは、深い関連があるといわれています。
 自殺を図った人(自殺企図者)の多くが、何らかの精神疾患を抱え、その多くがうつ病であるとのデータがあります。
 うつ病は治りにくい病気と思われているかもしれませんが、早期に適切な治療を受ければ、多くの人が回復しています。
 「何となく気分が落ち込む」「食欲がなく体重が減っている」「だるくて意欲がわかない」などの状態が続くようでしたら、専門機関やかかりつけ医に相談しましょう。
 また、うつ病と不眠には深い関係があります。2週間以上続く不眠は、うつ病のサインかもしれません。
 眠れないときはかかりつけの医師に相談しましょう。


マーク

    ~2週間以上続く不眠は、
     
     うつのサインかもしれません。

     眠れないときは、お医者さんへ





心の健康度チェック】
<うつ病のサイン>
次のうち、最近2週間、ほとんど毎日あてはまるものが3つ以上あり、生活に支障がでていませんか。
もしかしたら、うつ病のサインかもしれません。

○ 食欲の減退、または増加(著しい体重の増減がある)
○ 不眠、または眠り過ぎる
○ 落ち着きがなくてしかたがない、または周りから見てわかるほど、動作が遅くなったり、口数が減ったりしている
○ ひどくつかれやすい、または気力がわかない
○ 自分が無価値だと感じる、またはひどい罪悪感にさいなまれる
○ 考えがまとまらず、集中力が落ちた状態が続く
○ 死について繰り返し考える、または自殺を繰り返し考える

3つ以上当てはまるようなら、早めに精神科や心療内科を受診し相談してみましょう。


自分で気づける症
<こころの症状>
・ 「食欲がない」
・ 「やる気が出ない」
・ 「疲れやすい」
・ 「集中力が低下して、物事を決められない」
などの症状がある場合に、うつ病が疑われることがあります。

<からだの症状>
・ 頭痛
・ めまい
・ 目のかすみ
・ 肩こり
・ 耳鳴り
・ 動悸
等の身体症状が、なかなか治らない、内科等に受診してもよくならない場合などに、症状の裏側にうつ病が隠れている場合もあります。
 かかりつけのお医者さんによく相談しながら、このような項目に当てはまる場合は、心療内科や神経科、精神科等を紹介してもらう方法もあります。
 症状がよくならない場合は、医師や相談機関等に相談し、症状がかるいうちに改善を図りましょう。

【相談先】
<市の相談窓口>(平日 午前8時30分から午後5時15分)
○こころと体の健康相談 : 健康推進課 ☎ 930-7772
○精神科、心療内科等の医療費助成について : 障がい福祉課 ☎ 930-7778

<県の相談窓口>
○草加保健所・こころの健康相談(来所相談) : ☎ 048-925-1551
 (要予約 平日午前8時30分から午後5時15分)
○埼玉県精神保健福祉センター
・精神保健福祉相談(来所相談):☎ 048‐723-6811
 (要予約 平日午前9時から午後5時)
・埼玉県こころの電話(電話相談):☎ 048-723-1447
 (要予約 平日午前9時から午後5時)
・電子メールによるこころの相談(うつ、依存症、ひきこもり)
https://www.pref.saitama.lg.jp/b0606/p-soudan/mail.html

○精神科救急情報センター
夜間・休日において、精神疾患を有する方や、そのご家族などからの緊急的な精神医療相談)
対象者:埼玉県在住で、精神科救急医療を必要とされている精神疾患を有する方や、そのご家族など
☎ 048-723-8699(ハローキューキュー)
受付時間:平日(月~金) 17:00~翌日8:30 休日(土・日・祝) 8:30~翌日8:30

【多重債務や借金の問題について】
 多重債務により、生活が成り立たなくなっているなど、経済問題はストレスになります。経済問題は、自殺の原因や動機として多いものの1つです。どうにもならない、とあきらめる前に、まずは、専門家の助言を聞いてみましょう。

<市の相談窓口>
○多重債務相談 : 市民活動支援課市民相談室 ☎ 930-7724

<暮らしとこころの総合相談会>
 弁護士・司法書士・社会福祉士等による多重債務・生活・失業相談および保健師・精神保健福祉士・臨床心理士によるこころの健康相談を合同で行います。
○暮らしとこころの総合相談会ホームページはこちら

大切な人を自死で亡くされたかたへ
 大切な家族を自死で亡くされたご遺族は、大きな心理的衝撃を受け、こころや身体にさまざまな変化を体験するといわれています。遺族であることをなかなか口にできなかったり、家族同士でも立場や思いがすれ違ってしまったり、悲しみや葛藤を十分に話せないまま苦しんでいるかたもおられるかもしれません。
 つらい思いを一人で抱え込まず、少しずつでも話すことで、こころが軽くなるかもしれません。
○埼玉県自死遺族相談
https://www.pref.saitama.lg.jp/b0606/p-soudan/izoku-soudan.html


関連情報
厚生労働省 自殺対策

誰も追い込まれることのない社会をめざして自殺総合対策推進センター

特定非営利活動法人 自殺対策支援センターライフリンク

社会福祉法人 埼玉いのちの電話

日本司法支援センター 法テラス埼玉

3月は自殺対策強化月間です。


問い合わせ
三郷市健康推進課健康づくり係 ☎930-7771(直通)